《ターボ・シンクロン/Turbo Synchron》

チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 100/守 500
(1):このカードが攻撃表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
攻撃対象モンスターを守備表示にする。
(2):このカードの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
受けた戦闘ダメージの数値以下の攻撃力のモンスター1体を手札から特殊召喚する。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した風属性機械族下級モンスターチューナー
 攻撃対象表示形式守備表示に変更できる誘発効果と、手札からモンスター特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 (1)(2)の効果は連動しており、攻撃する時は(1)の効果攻撃対象守備表示にすることで、戦闘破壊されることなく(2)の効果に繋げられる。
 しかし、この攻撃力戦闘を行ってしまうので大きな反射ダメージは覚悟せざるを得ない。
 また、攻撃表示のこのカードを残しておくのは大変危険なので、特殊召喚したモンスターを使って即シンクロ召喚につなげるべきである。
 竜星特殊召喚して《竜星の極み》を使ったり、《緊急同調》を使って連続攻撃につなぐ手もある。

 変わったところでは、手札に来てしまった《ユベル》召喚補助に使える。
 《ユベル》攻撃力は0なので少量のダメージ特殊召喚でき、このカード《ユベル》の維持コストとして処理できる他、《星態龍》シンクロ召喚できる。
 同様のモンスター《ヘルウェイ・パトロール》が存在するが、こちらはチューナーであり《調律》にも対応していることから差別化は容易である。

 一応、攻撃力は100あるため、守備力0のモンスターを倒すことができる。
 また、対【雲魔物】においては、攻撃宣言をする度に相手モンスター自壊するため、除去カードとして中々の性能を発揮する。
 とはいえこの役目なら同じくチューナー《ジュッテ・ナイト》で十分だろう。

  • 「遊星vs牛尾」(3戦目)や「遊星vsシェリー」戦では遊星がこの効果を使うために反射ダメージを受ける際、他のプレイヤーから咎められている。
    英語版アニメでは、牛尾から「算数の勉強をしろ」とまで言われた。
    自爆特攻や、自ら反射ダメージを受ける行為が相手に馬鹿にされるのは遊戯王ではお約束である。
  • 攻撃をする際には手足が収納されて車形態になり、タイヤを使って相手に突進する。
  • 「遊星vsシェリー」戦、「遊星vsプラシド」戦、「遊星vs太郎」戦でシンクロ素材になる時には、頭のバイザーが降ろされる演出がされ、黒いバイザー越しに眼が赤い三角形で表現されていた。

関連カード

―《ターボ・シンクロン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード戦闘破壊され墓地へ送られた場合でも、効果発動できますか?
A:発動できます。(08/07/19)

Q:「攻撃対象守備表示にする効果」を発動した後、その攻撃対象が存在しなくなり、バトルステップの巻き戻しが発生した場合、選択しなおした攻撃対象に対して「攻撃対象守備表示にする効果」を再度発動できますか?
  (例:複数の雲魔物が存在する場合)
A:いいえ、発動できません。
  バトルステップの巻き戻しにより攻撃対象を変更した場合、攻撃宣言時というタイミングではありませんので「攻撃対象守備表示にする効果」は発動できません。(08/10/22)

Q:「攻撃対象守備表示にする効果」は対象をとる効果ですか?
A:対象をとらない効果です。(08/11/04)


Tag: 《ターボ・シンクロン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 風属性 機械族 攻100 守500 シンクロン

広告