《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青10/赤10】
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力はターン終了時まで半分になる。
【モンスター効果】
レベル7モンスター×2
レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力を半分にし、
その数値分このカードの攻撃力をアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 PREMIUM PACK 2019で登場した闇属性ドラゴン族エクシーズペンデュラムモンスター
 相手モンスター元々の攻撃力ターン終了時まで半分にするペンデュラム効果相手モンスター攻撃力の半分を吸収する誘発即時効果破壊された場合にペンデュラムゾーンに移動できる誘発効果を持つ。

 (1)のモンスター効果《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》と似ているが、1ターンのみしか効果がない代わりに使用するエクシーズ素材は1つで済み、相手ターンにも発動できる。
 《鬼神の連撃》強化したまま2回攻撃可能になる。
 他のモンスター攻撃された場合でも発動できるので、疑似的に戦闘から守る事もできる。
 とはいえ、この効果が分かっている時点で相手が無策で攻撃してくる筈もないので、相手ターンではあくまで牽制の意味が強い。
 なお、フリーチェーンで使える攻撃力変動効果なのでダメージステップでも発動できる。

 (2)に関しては他のデュエル開始時にエクストラデッキに入るペンデュラムモンスターと同様の効果

 ペンデュラム効果相手モンスター弱体化
 モンスター効果とは違い、こちらは元々の攻撃力を半分にするだけで、相手モンスターの他のステータス変動に関しては干渉できない。
 弱体化ではあるため、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》等と組み合わせれば、大ダメージを狙う事はできる。

 ランク7にはカード・アドバンテージを得られるモンスターも複数存在しており、通常はそれらのカードが優先される。
 同種族・同属性で見ても効果破壊耐性を持つ《真紅眼の鋼炎竜》が存在し、効果耐性が無いこちらよりも場持ちが期待しやすい。
 こちらは(1)を利用して3000のダメージが狙えるので、採用する場合は維持は考えずフィニッシャー役にするのが無難であろう。
 決めきれずに破壊された場合、ペンデュラムスケール10であることを利用し、高レベルペンデュラム召喚で巻き返す事もできる。

  • 「アンセリオン(Anthelion)」は気象現象の一つであり、日本語では「向日(こうじつ)」「反対幻日」と呼ばれる。
    特定の条件下で、太陽と正反対の方角の太陽と同じ高度の部分が明るくなる現象である。
  • エクシーズ召喚時の口上は「闇の帳を切り裂きしは、新たな力を得た反逆の牙!!エクシーズ召喚!!!《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》!!!」。
    ペンデュラム召喚時の口上は「漆黒の支配者!《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》!!」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》 モンスター エクシーズモンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター ランク7 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 スケール10

広告