《ダーク・パーシアス/Darknight Parshath》

効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻1900/守1400
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する
闇属性モンスターの数×100ポイントアップする。

 EXTRA PACKで登場した闇属性天使族上級モンスター
 デッキからカードドローする誘発効果墓地闇属性の数に比例して自己強化する永続効果を持つ。

 墓地闇属性の数だけ強化でき、《天空騎士パーシアス》の弱点であった攻撃力の低さをカバーできる。
 しかし、元々の攻撃力が低い上に上昇率も悪く、闇属性モンスター5体が墓地に存在する状況でも上級モンスターの基準値である2400ラインにしかならない。
 また、ドロー効果を使う度に墓地闇属性モンスター除外しなければならず、その度に強化値が下がってしまう。
 さらにこちらは、守備表示モンスターへの貫通ダメージが得られない上に、直接攻撃時にもドローする事ができないので、いまいち使い勝手が悪い。
 しかし、召喚する前に墓地闇属性モンスターを十分溜めさえすれば最上級モンスター攻撃力ドロー効果を持つモンスターとなる。
 《ダーク・ヴァルキリア》《トランスターン》を使えば攻撃力2000は保証され、出しやすさも改善される。

 使うとすれば、コスト除外をギミックとして活用させたいところ。
 中でも《異次元の偵察機》は相性がいい。
 墓地へ送れコストを気にせずドロー効果発動でき、《異次元の偵察機》帰還するので再利用が可能。
 ただし、800という低攻撃力をさらすことになるので、ダメージには気をつけたい。
 《堕天使アスモディウス》とも相性が良く、あちらの効果墓地闇属性天使族モンスターを溜めた状態で破壊された後、攻撃力の増加したこのカード効果によって蘇生できない《堕天使アスモディウス》除外することで帰還させる流れに持っていける。
 その他、同じ闇属性天使族モンスターを多数採用すれば、《闇次元の解放》《奇跡の光臨》といった帰還カードに対応するため、自身の効果も相まってデッキが回りやすくなる。

  • 英語名は「Darknight(闇夜)」とある。
    これはそのままの意味ではなく、「Dark Knight(闇騎士)」を捻ったものだろう。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時にドローを行うカード《仮面魔道士》を参照

収録パック等

FAQ

Q:除外するのはコストですか?
A:コストになります。(08/09/13)

Q:戦闘破壊した時の効果発動タイミングはいつですか?
A:モンスターを戦闘で破壊して墓地へ送った除外した)タイミングになります。(08/09/13)

Q:相打ちの場合でも発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/04/03)


Tag: 《ダーク・パーシアス》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 天使族 攻1900 守1400

広告