《ダーク・ボルテニス/Dark Voltanis》

効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻2800/守1400
自分がカウンター罠の発動に成功した場合、
自分フィールド上に存在する闇属性モンスター1体をリリースする事で、
手札からこのカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した闇属性天使族最上級モンスター
 自分カウンター罠発動した場合に自身を手札から特殊召喚できる誘発効果、その効果特殊召喚に成功した場合にフィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 効果の性質から、【パーミッション】での活躍が期待できる。
 リリースを強要されるものの、カードを1枚破壊できるので1:1交換以上の可能性をも秘めている。
 【パーミッション】に投入した場合、リリース対象は《カオス・ソーサラー》《闇の仮面》《スカラベの大群》などが候補になるか。
 同じカウンター罠反応型モンスター《冥王竜ヴァンダルギオン》やこのカード自身も闇属性なので、カウンター罠を駆使すればトリッキーな動きができる。
 《冥王竜ヴァンダルギオン》罠カード無効時限定で役割が一部重複しているが、殆ど気にせず使えるだろう。
 なお、破壊強制効果なので、相手フィールドカードが存在しない場合に発動すると自分カード破壊することになる。

 闇属性には専用のカウンター罠《闇の幻影》も存在する。
 また、【闇属性】に普通に組み込むだけでも十分な活躍が見込める。
 相手キーカード無効にした上で1:1交換、さらに攻撃力2800もの巨大モンスターが出てくるとなれば相手にはかなりのプレッシャーとなる。

 《裁きを下す者−ボルテニス》と比較すると、破壊できる枚数の上限が広い向こうに対し、此方は1枚しか破壊できない。
 しかし、あちらは全てのモンスターリリースが強要されるのに対し、このカードは1体だけでよく、自分にとって大事なモンスターを残しておける点では向こうより大きく勝っている。
 また、《裁きを下す者−ボルテニス》同様、カウンター罠発動することがトリガーなので、《王宮のお触れ》発動していても闇属性モンスターが存在していればカウンター罠発動するだけで特殊召喚でき、《王宮のお触れ》破壊できる。
 この点は相変わらず《冥王竜ヴァンダルギオン》より上なので、《王宮のお触れ》対策も兼ねて共存はしやすいだろう。
 また、このカード《冥王竜ヴァンダルギオン》ドローソースである《闇の誘惑》《トレード・イン》のどちらにも対応しており、手札交換しやすいのも利点。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか?
A:はい、対象をとります。(09/09/21)

Q:裏側表示闇属性リリースできますか?
A:はい、できます。(09/10/08)

Q:ダメージステップ中にこのカードの効果を使用できますか?
A:いいえ、できません。(09/11/10)


Tag: 《ダーク・ボルテニス》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 天使族 攻2800 守1400

広告