《ダウナード・マジシャン/Downerd Magician》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2100/守 200
魔法使い族レベル4モンスター×2
このカードは自分メインフェイズ2に、
自分フィールドのランク3以下のXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。
このカードのX素材を1つ取り除く。 

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性魔法使い族エクシーズモンスター
 ランク3以下のエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキストエクシーズ素材の数だけ自己強化する永続効果貫通ダメージを与える永続効果戦闘を行った際にエクシーズ素材を取り除く誘発効果を持つ。

 普通にエクシーズ召喚する場合、ダメージを受けない効果なども持つ《Emトラピーズ・マジシャン》が存在するため、貫通効果を活かせる状況以外ではまず出されない。
 よって、基本的にはランク3以下のエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚することになる。
 ただ、メインフェイズ2という制限があるので、そのターン戦闘に参加できず、自身の持つ貫通効果とは相性が悪い。
 しかし、低ステータスエクシーズモンスターに重ねて強化することや、コントロール奪取したエクシーズモンスターに重ねる等の活用方法は多い。
 二度目の効果発動が狙いにくい《虚空海竜リヴァイエール》《聖光の宣告者》ランク3の魔人《ダイガスタ・フェニクス》ならば、メインフェイズ2のみというデメリットも気にならないだろう。
 シンクロ召喚が難しく事故に繋がりやすい《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》を採用する場合、ランク1のエクシーズモンスターを経由することで、もう一つの選択肢にもなる。

 エクシーズ召喚した後は自己強化によって最低でも攻撃力2300となり、重ねるランク3以下のエクシーズモンスターによってはそれ以上の攻撃力を得ることができる。
 自己強化効果貫通効果は相性が良く、相手に大きな戦闘ダメージを与えることができる。
 しかし、戦闘を行う度にエクシーズ素材を取り除き弱体化する上、耐性効果は有していないため場持ちは悪い。

 闇属性魔法使い族であり、《ブラック・イリュージョン》や各種ウイルスカード等の豊富なサポートカードを使用できる。
 【魔法使い族】ならばそのようなサポートを使いやすいため、相手ターンでの除去も防ぎやすい。
 【魔法族の里】では魔法使い族で縛る事が多いため2体で出せるこのカード《Emトラピーズ・マジシャン》と共に貴重な存在となる。
 ランク4として見るとあまり優れたカードとは言えないものの、エクシーズ素材2体のランク4・闇属性魔法使い族エクシーズモンスターは他におらず、使用する価値はある。
 また、ランク3以下のエクシーズモンスターを採用しているデッキなら容易に出せる魔法使い族のため、《魔法族の里》の対策としても有用である。
 《ジェスター・コンフィ》《青き眼の乙女》用に《ワンダー・ワンド》を採用している場合、エクシーズ召喚に使用してもこれを腐らせずに利用できる。

  • カード名は、「ダウナー(downer)」と「ナード(nerd)」を掛け合わせた言葉だろうか。
    前者は「うんざりさせる人」、後者は例として「コンピュータ関連の知識が豊富で社交性に乏しい人」、いわゆるオタクの事を指す。
    ただし、英語圏は体育会系主義なため日本で言うオタクと違い、勉強ができる人物やスポーツに興味がなく所属しない人物、体育会系の人々に取り巻かない人物なども総称してこれにまとめられている。
    マスターガイド4によると《シャイニート・マジシャン》《アルケミック・マジシャン》説得で、魔法薬を個別受注する仕事を始めており、その薬を作っている姿のようである。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エクシーズ素材を取り除く効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、誘発効果チェーンブロックを作ります。(13/11/16)

Q:エクシーズ素材が存在しないこのカード戦闘を行った場合でも、エクシーズ素材を取り除く効果発動しますか?
A:はい、その場合でも発動チェーンブロックを作ります。(13/11/30)


Tag: 《ダウナード・マジシャン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク4 闇属性 魔法使い族 攻2100 守200

広告