《チューナーズ・ハイ/Tuner's High》

通常魔法
(1):手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性でレベルが1つ高いチューナー1体をデッキから特殊召喚する。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した通常魔法
 手札モンスターコストにして、そのモンスターと同じ種族属性レベルが1つ上のチューナーリクルートする効果を持つ。

 言わば、コストフィールドから手札となり、リクルート先がチューナーに限定された《トランスターン》
 召喚権を使用せずにチューナーを展開し即シンクロ召喚に繋げられるのは、制限カード《緊急テレポート》に比肩する魅力ではある。
 しかし、あちらと同じくリクルートしたいモンスターが先に手札に来てしまい手札事故を起こすリスクや、コストを払った後にカウンターされるリスクがある。
 チューナーしか特殊召喚できないこともあり、出張パーツとしての採用より、種族属性がある程度統一され、さらにシンクロ召喚主体のデッキでの利用に向いたカードと言える。

 このカードを活用するためには、特殊召喚したいチューナーに合わせたモンスターサーチサルベージする手段も併せて採用しておきたい。
 《サルベージ》などモンスター2体をサルベージできるカードとの相性はよく、1体をこのカードコストにしてチューナーを出し、もう1体を召喚すればシンクロ召喚が可能。

 音響戦士種族属性が揃い、墓地発動効果につなげられるため相性は良い。
 手札コストになった時に効果を活かせるカードとも併用しておきたい。
 例として【ガスタ】ならば《ガスタ・グリフ》コストにすることで、《ガスタ・ガルド》と任意のガスタモンスターリクルートできる。
 他にも手札コストが展開手段となる【魔轟神】などでも採用候補である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《チューナーズ・ハイ》 魔法 通常魔法

広告