《ヂェミナイ・エルフ/Gemini Elf》

通常モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1900/守 900
交互に攻撃を仕掛けてくる、エルフの双子姉妹。

 BOOSTER4で登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 レベル4・攻撃力1900の通常モンスターの1体。

 下級通常モンスターとしては充分な攻撃力を持ち、登場時から長らくアタッカーとして活躍したモンスターである。
 ただし現在では、同じ攻撃力に加えてより高い守備力メリット効果を持つ魔法使い族として、闇属性《熟練の黒魔術師》光属性《クルセイダー・オブ・エンディミオン》が存在する。
 現在の環境でこちらを使用するならば地属性通常モンスターであることに注目したい。

 シンクロ召喚を取り入れる【通常モンスター】では、《アーカナイト・マジシャン》の存在から採用してもよいだろう。
 また《レスキューラビット》リクルートすれば、《アルケミック・マジシャン》等のエクシーズ召喚を行いやすくなる。
 変わったところでは、魔法使い族モンスターを軸として《風林火山》を使うデッキで、地属性モンスターとして投入してもいい。

  • 海外版ではイラスト修正がされており、胸元の露出が減っている。
  • 「エルフ(Elf)」については、《エルフの剣士》参照。
    英語名の「Gemini」はラテン語からの借用語で一般的には双子座を意味する。
    双子を意味する英単語としては他に「Twin」が存在するが、ファンタジー作品等では雰囲気を出すためにあえて「Gemini」が使用されるケースもある。
  • また英語で「Gemini」は通常「ジェミニ」と発音されるが、このカードのように「ヂェミナイ(ジェミナイ)」と読まれることもある。
  • アニメGXでは、明日香の回想エピソードでの「明日香vsボーイ」戦で明日香がこのカード召喚している。
    「十代vs遊戯」戦で十代が使用した罠カード《デス・アンド・リバース》のイラストにも確認できる。
  • フォルスバウンドキングダムでは1人ずつ2体のモンスターに分かれている。
    色黒の姉が《ヂェミナイ・エルフ−カチュア》、色白な妹が《ヂェミナイ・エルフ−ローラ》という名前になっている。
    カチュアが攻撃力1000・守備力500、ローラが攻撃力900・守備力400になっており、2人合わせると《ヂェミナイ・エルフ》と同値になる。
    このゲームでは1種類のモンスターは1体しか所持できないため、原作で複数枚登場した《青眼の白龍》《ハーピィ・レディ》《ブラック・マジシャン》も同様に固有名が追加されて別カード扱いになっているのだが、原作出身でもないのにこのような扱いを受けているのはこのカードしかいない。
    攻撃名はカチュアが「ライト・アロー」、ローラが「マジック・レイ」。
    姉妹2人が揃うと連携攻撃「ヂェミニ・ダブル・レジエーション」が使用可能。

関連カード

―《ヂェミナイ・エルフ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヂェミナイ・エルフ》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 魔法使い族 攻1900 守900

広告