《デーモンとの()()き/A Deal with Dark Ruler》

速攻魔法
レベル8以上の自分フィールド上のモンスターが墓地へ送られたターンに発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「バーサーク・デッド・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

 ガーディアンの力で登場した速攻魔法
 《バーサーク・デッド・ドラゴン》召喚条件となるカード

 「レベル8以上の自分フィールドモンスター自分または相手墓地へ送られたターン」という緩い発動条件を持ち、条件さえ満たせばフリーチェーン発動ができる。
 速攻魔法である点も強みで、相手ターン中に発動条件が整った場合は特殊召喚した《バーサーク・デッド・ドラゴン》にしつつ攻撃に備える事が可能。
 しかし、「このカード」・「このカード発動条件となるカード」と、特殊召喚までに必要となるカードは多い。
 また、《バーサーク・デッド・ドラゴン》や上記のカードは単体で手札に来ると腐る場合も多い。
 《闇の誘惑》《トレード・イン》等でその処理とデッキ圧縮を兼ねるようにしておくべきだろう。
 【暗黒界】では《闇の誘惑》《トレード・イン》《アドバンスドロー》がすべて無理なく組み込め、自己再生できる《暗黒界の龍神 グラファ》の存在から相性はかなり良い。

 墓地へ送るモンスター《トラゴエディア》《神獣王バルバロス》《古代の機械巨竜》といった召喚しやすいもの、地縛神Sinのような自壊効果がある最上級モンスターの他、シンクロモンスターが考えられる。
 特に《スターダスト・ドラゴン》は自身の効果リリースしても発動条件を満たせ、自己再生するのでアドバンテージを失わず、《バーサーク・デッド・ドラゴン》効果破壊から守ることができるので相性は抜群である。
 また、《スクラップ・ドラゴン》除去を行いつつ自身を破壊して能動的に発動することもできる。
 レベル制限がないリンク召喚なら、レベル8を容易に墓地へ送ることができ、特殊召喚しやすいレベル8を素材として使い、発動条件を満たす手もある。

 【青眼の白龍】レベル8以上のモンスターを出し入れする機会が多く、例えば《青き眼の乙女》と、その効果リクルートした《青眼の白龍》によってシンクロ召喚した際や、《青眼の精霊龍》の自己リリース効果とのコンボが狙える。
 闇属性軸としては、《トリック・デーモン》《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》とを併用する型の【デーモン】レベルチューナーレベル8以上のシンクロ素材が核になる型の【レッド・デーモン】にも、比較的自然に織り込めるだろう。
 他には、自己再生能力を持ちバトルフェイズ中に能動的に自壊させ追撃が行える《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》も候補になるか。
 なお、《バーサーク・デッド・ドラゴン》自体が墓地へ送られた場合にも発動可能なので覚えておきたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:レベル8以上の装備カード扱いのモンスター墓地へ送られた場合、このカード発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/03/03)

Q:レベル8以上のモンスター裏側表示のまま墓地へ送られた場合、このカード発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/03/25)

Q:自分フィールド上で破壊されたレベル8以上のモンスター相手墓地へ送られた場合、このカード発動できますか?
A:はい、できます。

Q:レベル8のモンスターフィールド上でレベルを下げられた状態で墓地へ送られた場合、このカード発動できますか?
A:いいえ、フィールド上でレベル8以上の状態で墓地へ送られ、墓地でもレベル8以上の状態でないと発動できません。(12/02/04)


Tag: 《デーモンとの駆け引き》 魔法 速攻魔法 デーモン

広告