《ディノインフィニティ/Tyranno Infinity》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻   ?/守   0
(1):このカードの元々の攻撃力は、
除外されている自分の恐竜族モンスターの数×1000になる。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 除外されている恐竜族モンスターの数に比例して攻撃力が変動する永続効果を持つ。

 恐竜族専用の《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と言うべきカードだが、攻撃力の上昇効率は1枚につき1000とかなり良い。
 2枚でアタッカークラス、3枚で《青眼の白龍》クラス、8枚で1ターンキルクラスの攻撃力に成長する。
 モンスター除外するカード墓地からのものが多いため、まずは《魔導雑貨商人》ライトロード《クリバンデット》《デビル・コメディアン》等で墓地を肥やすことが運用の第一歩となる。
 除外手段には同じ恐竜族である《ヴェルズ・サラマンドラ》《究極伝導恐獣》《ベビケラサウルス》とのコンボになる《死霊の巣》フリーチェーン《生存本能》が有力か。
 《マクロコスモス》を組み込んで【次元ビートダウン】【恐竜族】の構築にするのも選択肢のひとつ。
 除外に弱いデッキはかなり多いので、相手デッキの行動を大きく制限しつつ、こちらは《ディノインフィニティ》の仕込みが可能。

 このカード自体は下級モンスターなので、《化石調査》サーチしたり、《死霊の巣》《ベビケラサウルス》破壊して特殊召喚したりできる点も評価できる。
 《幻創のミセラサウルス》との相性は抜群に良く、あちらの効果除外枚数を4枚増やしつつこのカードリクルートできる。
 除外ギミックを組み込んだ【恐竜族】を作る必要はあるが、しっかりと下準備さえすれば大きな活躍が見込めるカードである。

  • 頭部の左右に生えた巻き角が特徴だが、OCGイラストではエフェクトのためやや分かりづらくなっている。
  • 英語名ではティラノサウルスのような外見から「ティラノインフィニティ」と名づけられている。

関連カード

―《ディノインフィニティ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:2体の恐竜族が除外されており、攻撃力2000のときに《収縮》発動されました。攻撃力はどうなりますか?
A:半分の1000になります。
 →元々の攻撃力(守備力)参照

Q:上記の例で攻撃力1000になった後、そのターン中さらにもう1体恐竜族除外しました。攻撃力はどうなりますか?
A:この場合、再度計算しなおします。
 まず、計3体が除外されているので「3×1000=3000」、さらにそれを半分にするので「3000÷2=1500」で攻撃力は1500となります。(09/08/08)


Tag: 《ディノインフィニティ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻? 守0

広告