《ディフェンスゾーン/Defense Zone》

フィールド魔法
(1):以下の効果はお互いのプレイヤーに適用される。
●自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在する場合、
同じ縦列の自分の魔法&罠ゾーンのカードは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。

 CODE OF THE DUELISTで登場したフィールド魔法
 メインモンスターゾーンモンスターがいる場合、その縦列の自分魔法&罠ゾーンカード耐性を付与する効果を持つ。

 モンスターが存在していれば魔法・罠カード耐性を付与できる。
 魔法・罠カード除去をする前にモンスター除去を行わねばならず、相手の攻めを遅らせることが狙える。
 《安全地帯》を同じ縦列のモンスターに使えば《安全地帯》除去モンスターを失うというデメリットも補える。
 ペンデュラムゾーンカードを守ることができるため、ペンデュラム召喚を行うデッキで採用することも考えられる。

 しかし肝心のこのカード自体に耐性がなく、このカード除去されれば耐性も失われる。
 《Sin スターダスト・ドラゴン》や、《フィールドバリア》などで耐性を補いたい。

 また、魔法・罠カード耐性相手にも適用される。
 魔法・罠カード無効にすることはできるので、使うなら破壊よりもカウンター罠などによる無効化を併用したい。

  • 名前の由来は球技の戦術の一つである「ゾーンディフェンス」か。
    自陣をゾーンに分け、選手は自分の受け持ったゾーンに来た相手に対して守備を行うというものである。
    このカード効果モンスターを守備を行う選手、モンスターと同じ縦列の魔法&罠ゾーンを選手が受け持ったゾーンに見立てているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ディフェンスゾーン》 魔法 フィールド魔法

広告