《デストーイ・サンクチュアリ/Frightfur Sanctuary》

永続魔法
手札を1枚捨て、自分のエクストラデッキから
「デストーイ」モンスター2体を墓地へ送ってこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの全ての融合モンスターは「デストーイ」モンスターとしても扱う。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「デストーイ」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエクストラデッキに戻す。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した永続魔法
 手札1枚とエクストラデッキデストーイ2体を発動コストとして、融合モンスターを全てデストーイとしても扱う効果墓地へ送られた場合にデストーイ融合モンスターエクストラデッキ戻す効果を持つ。

 手札に加えエクストラデッキから特定の2枚をコストに要求する。
 後述の通り発動成功後の効果は非常に限定的と言わざるを得ず、コストによる墓地肥やしこそがこのカードの最大の役割とも言える。
 発動コストとしてデストーイエクストラデッキから墓地に置けるため、無効にされても最低限の仕事は遂行できる。
 《魔玩具融合》を使えば素早く《デストーイ・サーベル・タイガー》《デストーイ・マッド・キマイラ》融合召喚できる。
 当然蘇生制限を満たしていないため、このカードデストーイ墓地に送っても《デストーイ・サーベル・タイガー》などで蘇生することはできない。

 (1)のデストーイとして扱われることで融合モンスターが得られる恩恵は以下の通りである。

  1. 《デストーイ・サーベル・タイガー》《デストーイ・マッド・キマイラ》融合素材として使用できる。
  2. 《デストーイ・サーベル・タイガー》《デストーイ・シザー・タイガー》全体強化を受けられる。
  3. 《デストーイ・マーチ》対象及びコストに利用できる。
  4. 《エッジインプ・DTモドキ》効果の対象となる。

 特に《簡易融合》による《サウザンド・アイズ・サクリファイス》単体除去に加えて融合素材に用いられるのは利点だろう。
 また、《ブリリアント・フュージョン》を用いる場合は《ジェムナイト・セラフィ》に対してもデストーイサポートを使えるようになる。
 ただし【ファーニマル】で使用される主要融合モンスターはほとんどがデストーイであり、構築によっては(1)の効果が一切意味を持たない場合もある。
 よってこの効果を最大限活かしたいならば、HEROシャドールを始めとしたデストーイに加えてそれ以外の融合モンスターも展開ができるテーマと合わせるのがよいだろう。

 (2)の効果はこのカード墓地へ送られた場合に墓地デストーイ融合モンスター1体を回収する効果
 どこからでも墓地に送られれば効果発動するものの、(1)の効果同様単体ではアドバンテージに繋がらない効果であり、発動できればラッキー程度にとどめておくべきだろう。
 回収するならば連続融合召喚によって酷使されやすい《デストーイ・サーベル・タイガー》だろうか。

 【ファーニマル】は元々デストーイの連続融合召喚が容易であることから、単体で墓地肥やししかできないこのカードを考えなしに採用することは難しい。
 しかし《デストーイ・マッド・キマイラ》の欠点であった重さを大幅に軽減することができるため、特化するデッキならば是非とも採用したい。
 逆を言えば《デストーイ・マッド・キマイラ》の展開を視野に入れないならば、このカードを採用する意味は無いと言える。
 キーカードである《魔玩具融合》と、このカードは共に《エッジインプ・チェーン》サーチに対応しており手札に揃えることは難しくない。
 このカード手札コスト《エッジインプ・チェーン》を用いることで《魔玩具融合》サーチすることも可能である。
 ただし、コスト墓地に送る融合モンスター融合召喚する融合モンスターの両者を採用する必要があるため、(2)の回収効果も念頭に置きエクストラデッキの採用配分はよく吟味したい。

  • アニメでは(2)の効果がなかった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デストーイ・サンクチュアリ》 魔法 永続魔法 デストーイ

広告