《デューテリオン》

効果モンスター
星5/水属性/恐竜族/攻2000/守1400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」のいずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場する水属性恐竜族上級モンスター
 自身を手札コストにしてボンディング魔法・罠カードサーチする効果召喚・特殊召喚に成功した場合に《ハイドロゲドン》《オキシゲドン》・《デューテリオン》のいずれか1体を蘇生する効果を持つ。

 (1)の効果は、ボンディング魔法・罠カードサーチする効果
 《ウォーター・ドラゴン》及び《ウォーター・ドラゴン−クラスター》特殊召喚をサポートするもので、特に《ボンディング−DHO》は条件となるカード墓地に揃えれば良いため、相性が良い。
 《化石調査》からサーチできるため、間接的にそれらのサーチも容易となる。

 (2)の効果は、召喚・特殊召喚に成功した場合に墓地から《ハイドロゲドン》《オキシゲドン》・《デューテリオン》のいずれか1体蘇生する効果
 ボンディング発動条件のサポートや、エクシーズ召喚リンク召喚が狙える。
 アドバンス召喚によるディスアドバンテージを取り戻せるが、特殊召喚でも発動するため、なるべくそちらを狙いたい。
 《俊足のギラザウルス》なら、アドバンス召喚リリースにしつつ、《ハイドロゲドン》効果の発動を手助けできる。
 また、水属性恐竜族上級モンスターなので《伝説の都 アトランティス》《大進化薬》などを使うと召喚しやすい。
 《魂喰いオヴィラプター》《プチラノドン》ならリクルートが可能で、前者ならば破壊されたモンスター蘇生できる。
 《ハイドロゲドン》コスト《トランスターン》発動するという手もあり、その場合はコストにした《ハイドロゲドン》蘇生できるので予め墓地を整える必要もない。
 攻撃制限などもないため、蘇生した《ハイドロゲドン》効果で展開を狙うこともできる。
 ただし、各種ボンディングカードの指定とは噛み合わないため、そのままだとこのカードが余ってしまい、あまり意味がない。
 他の展開手段と組み合わせる必要があるだろう。

 同名カード蘇生させてランク5のエクシーズ素材にするのも良い。
 (1)の効果の存在から墓地に溜まりやすいため、こちらのほうが狙いやすいか。

  • 《ハイドロゲドン》の存在から、こちらのモチーフは「重水素(deuterium)」だと思われる。
    通常の水素の原子核は陽子が1つだけだが、重水素は原子核が陽子1つと中性子1つで構成されている。
    この重水素が酸素と(あるいは酸素と水素と)結合すると「重水」となる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デューテリオン》 モンスター 効果モンスター 星5 水属性 恐竜族 攻2000 守1400

広告