《デュアル・アセンブルム/Dual Assembwurm》

効果モンスター
星8/闇属性/サイバース族/攻2800/守1000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
サイバース族モンスター2体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は半分になる。
(2):1ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を選んで除外する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した闇属性サイバース族最上級モンスター
 手札墓地から自身を特殊召喚する起動効果手札1枚を除外相手モンスター1体を除外する起動効果を持つ。

 (1)は、手札または墓地から自身を特殊召喚する効果
 墓地から特殊召喚するとしても、手札フィールドからサイバース族2体を除外するというコストはかなり重い
 トークン等を使えば消費を軽減できるが、【サイバース族】はそれを利用したリンク召喚を主力とするデッキであり、リソースの奪い合いとなる。
 しかも攻撃力が半減して1400になるため、アタッカーにはできず、(2)の効果による除去範囲も激減してしまう。
 この効果を使うよりは《RAMクラウダー》や汎用蘇生カードを使う方が得策であろう。

 (2)は、このカード攻撃力以下のモンスター1体を選んで除外する効果
 対象をとらない除外なので多くの耐性を突破できるのは魅力。
 上述のように(1)の効果との相性は悪く、この効果を狙うなら(1)以外の方法で特殊召喚しておきたい。

 どちらの効果除外が絡むので、《ドットスケーパー》《バランサーロード》《リコーデッド・アライブ》といった除外関連のカードとのコンボも考えられる。
 ただ、墓地からの除外が可能な《デグレネード・バスター》の方が扱いやすいのは否めない。
 高い攻撃力墓地に置いても利用できることなど差別化できる要素はあるが、全体的に重いのはやはりネックである。

 《嵐竜の聖騎士》リクルートできるモンスターの中では最も攻撃力が高く、アタッカーとしての利用を望める。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デュアル・アセンブルム》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 サイバース族 攻2800 守1000

広告