《トイ・マジシャン/Toy Magician》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1500
このカードは魔法カード扱いとして手札から
自分の魔法&罠カードゾーンにセットする事ができる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが
相手のコントロールするカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時にこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
また、このカードが反転召喚に成功した時、フィールド上に表側表示で存在する
「トイ・マジシャン」の数だけフィールド上の魔法・罠カードを破壊する。

 Vジャンプ(2006年6月号) 付属カードで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 魔法カードとしてセットできるルール効果破壊されたターンエンドフェイズ特殊召喚できる誘発効果反転召喚に成功した時に同名カードの数だけ魔法・罠除去を行う誘発効果を持つ。

 その効果はまさに生きる《黄金の邪神像》である。
 モンスターとしても地雷としても扱う事ができるが、いかんせん後に登場した《白銀のスナイパー》に劣る面が多い。
 あちらは自己再生時に破壊効果発動するため、地雷としての性能なら段違いである。
 さらにあちらは戦士族のため、《増援》《戦士の生還》などで手札に加えるのも容易である。

 魔法・罠カード破壊効果反転召喚にしか対応しておらず、前半の効果と無関係となっているため使いにくい。
 単体でも反転召喚させさえすれば《ワーム・アポカリプス》と同様の効果発動アタッカーとしても使えるが、ステータスに物足りない感じがある。
 相手魔法・罠カードセットしていなければ自分カードを巻き込む恐れもある。
 一応ロックの解除や《歯車街》とのコンボには使用できる。
 《黄金の邪神像》などの似た効果を持ったカードと併用するのも手か。
 同名カードの数まで破壊可能なのであらかじめ《召喚僧サモンプリースト》等を駆使して展開しておけば《大嵐》並みの破壊力となる。

 《憑依解放》から裏側守備表示セット可能であり、次の自分ターン反転召喚して効果を使うことができる。

  • 闇遊戯曰く、表遊戯の「もう一人の相棒」らしいが、実のところ攻撃力が1501以上あればどのカードでも展開は同じである。

関連カード

セット破壊され墓地へ送られた効果発動するカード《黄金の邪神像》参照

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:魔法&罠カードゾーンセットできる効果は特定の効果分類に属さない効果ルール効果)となり、エンドフェイズおよび反転召喚時に発動する効果はそれぞれ誘発効果となります。(13/06/07)

Q:魔法カード扱いとして自分魔法&罠カードゾーンセットされたこのカードに、攻撃宣言をすることはできますか?
A:いいえ、攻撃対象に選択することはできません。

Q:このカードが《月の書》《砂バク》等の効果を受ける場合、魔法&罠カードゾーンセットすることはできますか?
A:いいえ。既にモンスター扱いとなっている場合はモンスターカードゾーン裏側守備表示になります。

Q:《トイ・マジシャン》が魔法&罠カードゾーンセットされています。
  フィールド上には《ポールポジション》が存在し、攻撃力700で《デーモンの斧》を装備しているモンスターが存在します。
  セットされた《トイ・マジシャン》を破壊するとエンドフェイズ時に無限ループが発生しますが、この場合セットされている魔法・罠カード破壊できますか?
A:破壊効果発動できます。
  終わることができない無限ループが発生するカードは使用できません。
  その場合《トイ・マジシャン》破壊されても特殊召喚されません。(15/04/06)

Q:相手メインフェイズ時、相手コントロールするカードの効果によってこのカード破壊され墓地へ送られました。
その後、相手バトルフェイズ時に《ロスト》によってこのカードをゲームから除外しました。このカード特殊召喚する効果エンドフェイズに発動しますか?
また、エンドフェイズ時まで墓地に存在し、特殊召喚する効果発動した時、それに《ロスト》チェーンして同様にゲームから除外された場合、特殊召喚は行われますか?
A:いずれの場合でも特殊召喚は行われません。(14/02/06)


Tag: 《トイ・マジシャン》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1600 守1500

広告