《トゥーン・リボルバー・ドラゴン/Toon Barrel Dragon》

トゥーン・効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2600/守2200
(1):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
(3):1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
コイントスを3回行い、その内2回以上が表だった場合、そのカードを破壊する。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性機械族最上級トゥーンモンスター
 トゥーン化した《リボルバー・ドラゴン》
 コイントスの判定次第でフィールドのカード1枚を破壊する起動効果トゥーンモンスター特有の攻撃できないルール効果直接攻撃できる永続効果を持つ。

 固有効果《リボルバー・ドラゴン》ではなく、自分カードも選択できる《ブローバック・ドラゴン》と言えるもの。
 50%の確率とはいえデメリットなしで相手カード破壊できるので、毎ターンアドバンテージを稼げる可能性がある。
 ギャンブルゆえに安定しないが、《スターダスト・ドラゴン》等の妨害を受けづらい。
 《エフェクト・ヴェーラー》《ブレイクスルー・スキル》等を受けても、トゥーン共通のデメリット無効にしてしまうため、相手としては中々に厄介と言える。
 《トゥーン・キングダム》で守れば維持しやすく、運が良ければ毎ターンアドバンテージを稼ぎ、相手を制圧下に置く事も出来るだろう。
 《トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム》と同様に、《リミッター解除》による強化後に生存する事も可能。

 問題はフィールドに出すまでで、最上級モンスターゆえにリリース要員や特殊召喚手段の確保が必要な点である。
 《トゥーン・マスク》《トーチ・ゴーレム》などを併用して特殊召喚でき、相手フィールドに出したモンスターはこのカードで処理できる可能性もあるが、これは少々不安定である。
 それ以外では蘇生《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》特殊召喚コストにも使える《終焉の焔》が有力だが、このカード除去効果持ちである事を考えると出来るだけ早くフィールドに出したいため、《スター・ブラスト》《クロス・ソウル》等で召喚してしまっても良い。
 召喚にそれなりの手がかかる事を考えると、出来るだけ召喚直前に《トゥーン・キングダム》発動しておきそれを維持しておきたい。
 《闇の誘惑》《七星の宝刀》の両方に対応するので、除外した上で《闇次元の解放》を使う手もある。
 こちらは、《トゥーン・キングダム》があれば擬似的に完全蘇生となるのは魅力である。
 長期戦になり新たな伏せカードを出す邪魔になるのであれば、自主的にこれを撃ってしまうのも良いかも知れない。
 同じ方法で《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》も出す事が可能なので、両者を採用しても良いだろう。

 コイントス効果だけなら《リボルバー・ドラゴン》上位互換なので、《可変機獣 ガンナードラゴン》《機甲部隊の最前線》コンボが使える【機械族】に採用してもいいだろう。
 その場合《トゥーン・キャノン・ソルジャー》も対応するので、【トゥーン】に傾けるならばこちらも1枚仕込んでおくと良い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トゥーン・リボルバー・ドラゴン》 モンスター トゥーンモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2600 守2200 トゥーン

広告