《トポロジック・トゥリスバエナ》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、
この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先特殊召喚された場合にそのモンスター魔法・罠カード除外し、除外された相手カードの枚数に応じたダメージを与える誘発効果を持つ。

 リンク先特殊召喚が行われた場合に、そのモンスターと全ての魔法・罠カード除外効果ダメージを与える。
 除外されることを分かっていて相手リンク先特殊召喚を行うとは考えづらく、基本的に自分からリンク先モンスター特殊召喚し、発動することになる。
 下手に除外するとディスアドバンテージになるため、トークン除外された場合にアドバンテージが稼げるモンスター特殊召喚したい。
 《ゼラの天使》と併用する事で毎ターン魔法・罠カードを一掃できる。
 また、《自律行動ユニット》《ミス・リバイブ》《リモート・リボーン》等で相手モンスター特殊召喚する手もある。
 この方法なら自分モンスター除外せずに済み、相手墓地に存在したモンスター除外できる上にダメージも増やせる。

 エクストラモンスターゾーンの正面のメインモンスターゾーンに出すのも手。
 エクストラモンスターゾーンリンク先となるため、そのゾーンに出されたモンスター除外される。
 もう一方のエクストラモンスターゾーン自分が使用すれば相手の動きを大きく制限できる。

 セットされた魔法・罠カードもまとめて除外できるため、伏せカード除去を行い安全に攻撃することも可能。
 相手エンドフェイズリンク先特殊召喚すればエンドサイクの様にも使える。
 ただ、自分魔法・罠カード除外されるため、使い切りのフリーチェーンカードを中心としておきたい。

 一方で、エクストラデッキからの展開補助には向いていない。
 このモンスターエクストラモンスターゾーンに留まるだけで、自分エクストラデッキから新たなモンスター特殊召喚が実質封じられてしまう。
 リンク先が必要なら《LANフォリンクス》などを使う方が良い。

  • 「トポロジック」は《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を参照。
    「トゥリスバエナ」は、ギリシア語で「三倍の」「三つの」を意味する「トゥリス」と、アンフィスバエナをあわせた造語だと思われる。
    下記の通り、アニメでは通常時・効果発動時・攻撃時の3段階の変形を行っている。
    また、通常時の胸部装甲は攻撃時の形態では頭部に変形するが、この胸部装甲と両膝部分が同形状となっている。
    アンフィスバエナが双頭の竜である事を踏まえると、「トゥリスバエナ」は3つの頭部を持つ竜という意味とも考えられる。
  • 攻撃名のバルネラブルには、「脆い」「非常に壊れやすい」といった意味がある。
    転じて、コンピュータ用語で「(サイバー攻撃に対して)脆弱な」という意味で用いられる。
  • 効果名のマイグレーションは「移動」「移行」という意味だが、サイバース族であることを踏まえると、IT用語におけるマイグレーションが由来だろう。
    これはプログラム・データ・OSなどの環境やプラットフォームを移行、変換することを指す。
  • 攻撃時および効果発動時に、それぞれ別の形態へと変形する演出が見られた。
    d-データでは「攻撃時は華麗に変形」し「まばゆく光る強烈なエネルギー弾をくらわせる」と説明されている。
    • この変形演出はFLAMES OF DESTRUCTIONのCMでも再現されており、それぞれ「1st Form」「2nd Form」「3rd Form」と描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トポロジック・トゥリスバエナ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 闇属性 サイバース族 攻2500

広告