《トライアングル・エリア/Mysterious Triangle》

速攻魔法
フィールド上のAカウンターが乗ったモンスター1体を選択して破壊する。
その後、自分のデッキから「エーリアン」と名のついたレベル4モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。 

 CRIMSON CRISISで登場した速攻魔法
 Aカウンターの乗ったモンスター破壊し、さらにエーリアンデッキから特殊召喚する効果を持つ。

 《エーリアン・キッズ》《惑星汚染ウイルス》効果適用下では、発動条件を満たし易く、使いやすい単体除去カードになる。
 Aカウンターを利用した除去効果を持つカードには《デストラクト・サークル−A》があるが、こちらは特殊召喚を行う追加効果を持つ。
 罠カードを封じられて《毒蛇の供物》《惑星汚染ウイルス》使用不能になっても、相手を警戒させられるのも大きな利点と言える。

 特殊召喚したエーリアンエンドフェイズ自壊してしまうので、その前に《毒蛇の供物》発動エクシーズ素材等に利用したい。
 《ミステリーサークル》による自壊回避や、エンドフェイズ自壊時に《スネーク・ホイッスル》を使い後続を呼び出すのもいいだろう。
 《エーリアン・マザー》《エーリアン・リベンジャー》を使う場合、あちらをアドバンス召喚するためのリリースを確保することもできる。

 またAカウンター置かれたモンスター1体を除去する効果は、自分フィールドモンスター対象に選択することができる。
 状況次第では、攻撃を終えた自分モンスターバトルフェイズ中に破壊し、リクルートしたモンスターで追撃するのも有効である。
 ただし、選択したモンスターをこのカード効果によって破壊することができなかった場合、後半のリクルート効果の処理も行われない。

  • 元ネタは、おそらく「バミューダ・トライアングル」だろう。
    フロリダ半島(マイアミ)・プエルトリコ(サンファン)・バミューダ諸島を結んだ北大西洋西部の三角形の海域のことである。
    この海域を通った船や飛行機が謎の遭難をするという超常現象が多発したとされ「魔の三角水域」といわれていた。
    しかし、最近の研究で単に霧やハリケーンの多発地帯であるため遭難事故が発生しやすかっただけだと分かった。
    この事実が分かるまで様々な仮説が提唱され、今なお信じられているものもある。

関連カード

イラスト関連

特殊召喚可能なレベル4のエーリアン

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊効果ですか?
A:カードの効果になります。(08/11/15)

Q:破壊モンスター対象にとる効果ですか?
A:はい、そうです。(08/11/15)

Q:特殊召喚は、破壊を条件とする任意効果タイミングを逃す要因になりますか?(破壊特殊召喚効果処理は同時ですか?)
A:効果の処理は別々に行われます。
  よって特殊召喚効果使用した場合、《ユベル》などの効果はそのタイミングを逃します。(08/11/21)

Q:対象モンスターリリース六武衆の様な身代わり効果等によって破壊できなかった場合、特殊召喚効果は処理されますか?
A:このカードの効果対象モンスター破壊できなければ、特殊召喚効果は処理されません。(08/11/15)

Q:この効果エーリアン自壊した時、《スネーク・ホイッスル》発動することができますか?
A:はい、可能です。(08/11/15)

Q:《虚無魔人》フィールドに存在する時にこのカード発動できますか?
A:発動でき、もし破壊したのが《虚無魔人》であるならば、特殊召喚も可能です。(09/02/09)

Q:特殊召喚する効果を含んでいますが、発動時に《王宮の弾圧》無効にできますか?
A:《トライアングル・エリア》の発動チェーンして、《王宮の弾圧》発動する事ができます。(09/05/07)


Tag: 《トライアングル・エリア》 魔法 速攻魔法

広告