《トレジャー・パンダー》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1100/守2000
(1):自分の墓地から魔法・罠カードを3枚まで裏側表示で除外して発動できる。
除外したカードの数と同じレベルの通常モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性獣族下級モンスター
 墓地魔法・罠カードコスト通常モンスターリクルートする起動効果を持つ。

 墓地魔法・罠カードを再利用するデッキは限られており、コストとしてはかなり軽い。
 発動回数に制限がないため、コストが払えてデッキレベル3以下の通常モンスターが残っている限り、何体でもリクルートができる。
 リクルートしたモンスターにも利用制限はなく、各種素材として活用できる。
 レベル1〜3の通常モンスターチューナーを出せばこのカードや他にリクルートしたモンスターとでシンクロ召喚につながり、リンク召喚補助としても有用。
 ただ、1ターン魔法・罠カードを大量に墓地に置く手段は【魔導書】などを除けば、汎用性の高いものは《トゥーンのもくじ》を使う程度であり限られている。
 手札交換魔法カード1:1交換こそできるが、リクルートしたいモンスターを引く確率が上がってしまう。
 中盤以降の墓地魔法・罠カードが増えてきたタイミングを狙いたい。

 《召喚僧サモンプリースト》とは相性が良く、あちらの効果リクルートした後、手札コストとした魔法カード除外してリクルート効果を使用できる。

 リクルート用に投入した通常モンスター手札に引いてしまうと使い道に困るため、デッキ戻せるようなギミックは用意しておきたい。
 《打ち出の小槌》ならリクルートしたいモンスターを戻しつつ除外する魔法カード墓地に用意できる。

また、上記に加えて《セフィラの神託》がある場合、下記の手順を加えることでエクゾディアを全て揃えることができる。

  1. 上記手順を4まで進める。
  2. 《源竜星−ボウテンコウ》シンクロ召喚成功時に《秘竜星−セフィラシウゴ》手札加える
  3. 《セフィラの神託》発動し、《智天の神星龍》手札加える
  4. 《智天の神星龍》効果《宝竜星−セフィラフウシ》エクストラデッキに送り、ペンデュラムスケールを1にする。
  5. 《秘竜星−セフィラシウゴ》発動《智天の神星龍》とで《宝竜星−セフィラフウシ》ペンデュラム召喚する。
  6. 《源竜星−ボウテンコウ》効果レベル幻竜族墓地へ送りレベルを2に変更する。
  7. レベル2の《源竜星−ボウテンコウ》《宝竜星−セフィラフウシ》《アクセル・シンクロン》シンクロ召喚する。
  8. 《セフィラの神託》チェーン《源竜星−ボウテンコウ》チェーン2として発動する。
  9. 《源竜星−ボウテンコウ》効果《秘竜星−セフィラシウゴ》特殊召喚《セフィラの神託》効果《封印されしエクゾディア》デッキの一番上に置く。
  10. 《アクセル・シンクロン》水属性レベル通常モンスター《氷結界の虎王ドゥローレン》シンクロ召喚する。
  11. 《氷結界の虎王ドゥローレン》効果封印されし通常モンスター2枚に加え《智天の神星龍》手札戻す
  12. 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》エクシーズ召喚《セフィラの神託》効果《封印されしエクゾディア》ドロー《智天の神星龍》捨てる
  13. 上記手順の9に戻る。

封印されし通常モンスター4体を並べた時点で《撤収命令》を使用することでも4体回収できる。
墓地に必要な魔法・罠カードの枚数が減り、メインデッキエクストラデッキの圧迫は少なくなる。
反面、完全なコンボ用であり汎用性に欠け、また《封印されしエクゾディア》手札加えることはできない。
どちらを使用するかは好み次第だろう。

  • カード名は、「トレジャーハンター」と「パンダ」を組み合わせたものだろう。
  • イラストはトレジャーハンターを主人公とする映画「インディ・ジョーンズ」シリーズのパロディ。
    パンダの服装はインディ・ジョーンズそっくりであり、後ろから転がってくる巨大な岩から逃げるのは同シリーズ第1作の有名シーンである。

関連カード

―パンダのモンスター《キラーパンダ》を参照。

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《トレジャー・パンダー》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣族 攻1100 守2000

広告