《トワイライト・イレイザー》

通常罠
(1):自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、
自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常罠
 種族が同じでカード名の異なるライトロードが存在する場合、墓地ライトロードコストフィールドのカードを2枚除外する効果ライトロード効果墓地へ送られた場合に手札からライトロード特殊召喚する効果を持つ。

 (1)はフィールドカード2枚の除外効果
 破壊耐性も突破でき、カードの種類も問わない。
 発動にはライトロード2種類が必要なので、蘇生効果を持つ《ライトロード・サモナー ルミナス》魔法使い族ライトロードを並べて発動条件を満たすのがメインとなる。
 《ライトロード・アーチャー フェリス》《ライトロード・ビースト ウォルフ》自己再生効果を持つ獣戦士族ライトロードも並べやすいが手札事故を起こす可能性はある。
 ライトロード除外なので、《戒めの龍》などと併用したい。

 (2)はライトロードモンスター効果デッキから墓地へ送られた場合の特殊召喚効果
 デッキ操作をしていない場合は不確定要素があり、《ソーラー・エクスチェンジ》などでは効果を使えないため、オマケに近い。
 特殊召喚先に制限はなく、上級モンスターも出せる。

関連カード

イラスト関連

種族が同じライトロード

戦士族

魔法使い族

獣族

獣戦士族

天使族

ドラゴン族

収録パック等


Tag: 《トワイライト・イレイザー》 通常罠

広告