《ドイツ/Doitsu》

ユニオンモンスター
星4/地属性/天使族/攻 100/守 200
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして
自分の「ソイツ」に装備、または装備を解除して
表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている時のみ、
装備モンスターの攻撃力は2500ポイントアップする。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、
代わりにこのカードを破壊する。)

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した地属性天使族下級ユニオンモンスター
 ユニオンモンスターの一体であり、《ソイツ》装備カードとなることで、単体ではかなり頼りない《ソイツ》の潜在能力を開花させることができる。

 このカード装備カードとなれば《ソイツ》攻撃力は2500と、上級モンスター並のステータスになるのが魅力。
 使う際には、リクルーター《前線基地》《ゲットライド!》等で手早く揃えていきたい。
 《神の居城−ヴァルハラ》を使えば、特殊召喚した後に《ソイツ》通常召喚することですぐに装備できる。

 リクルーター《強制転移》し、ユニオン専用の召喚サポートカードを使えば、効率良くパーツを揃える事ができる。
 リクルーター攻撃表示戦闘で破壊された際に《ダメージ・コンデンサー》を使う事でも、ユニオンパーツが揃う。
 本体のレベルは3なため、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》をすり抜ける事もできる。

 《アイツ》《コイツ》に比べて攻撃力効果で劣るものの、《ソイツ》と共に生け贄を要求しないのが利点。
 貫通効果がないところは《ビッグバン・シュート》等で補いたい。
 しかし、《ゲットライド!》等のユニオンである点を活かせなければ、他の下級モンスター《デーモンの斧》を装備した方が安定はする。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)のスポーツデュエル大会でギラグが発動したフィールド魔法《スカイダイビング −蒼弩降下決闘−》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    元ネタは、KONAMIのシューティングゲーム「実況おしゃべりパロディウス」に登場する「どいつ」である。
    「どいつ」はオプションを使用するが、他の3体は自機そのものをグレードアップする。

関連カード

―《ドイツ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ドイツ》 モンスター ユニオンモンスター 効果モンスター 星4 地属性 天使族 攻100 守200

広告