《ドットスケーパー》

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻   0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した地属性サイバース族下級モンスター
 墓地へ送られた場合、または除外された場合に自身を特殊召喚する効果(いずれも誘発効果)を持つ。

 (1)は自身が墓地へ送られた場合に自己再生する効果。
 リンク素材にしても即座に自己再生するので、リンク素材としての適性に優れる。
 《サイバース・ガジェット》でこのカード蘇生し、《サイバース・ガジェット》とこのカードリンク素材としてリンク2のリンクモンスターを出せば、自己再生したこのカードガジェット・トークン特殊召喚され一気にリンク4のリンクモンスターを出す準備が整う。

 (2)は自身が除外された場合に帰還する効果。
 現状のサイバース族除外を行うのは《デュアル・アセンブルム》くらいなので、墓地に送られたこのカードを再利用する手段としては扱いづらい。
 むしろ《封印の黄金櫃》デッキから除外する事で、即座にリンク素材1枚を確保する手段と見たほうが良いだろう。
 変わったところでは《ブロックドラゴン》召喚コストにしてみるのも面白い。

 総じて【サイバース族】の主力リンク素材として活躍するカードである。
 ただし(1)と(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使えないので、《封印の黄金櫃》除外して(2)で帰還した直後にリンク素材にして(1)も使う、という運用はできない。
 またどちらの効果デュエル中に1度しか使えないので、優れたリンク素材ではあるもののピン挿しでよいだろう。

  • 英語で「dot」は「点」などを意味するが、小さい立方体が集まり構成されているようなイラストを見るに、コンピュータグラフィックスの用語の「ドット」が名前の由来だろう。
    初期のCGは、小さい正方形を多数並べることで画像を構成していたため輪郭線などがカクカクになっていた。
    「スケーパー」は、英語で「風景」を意味する「scape」に「〜する人」を意味する接尾辞「er」を付けていると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ドットスケーパー》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 サイバース族 攻0 守2100

広告