《ドロール(アンド)ロックバード/Droll & Lock Bird》

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻   0/守   0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した風属性魔法使い族下級モンスター
 相手ドローフェイズ以外でドローサーチをした後に自身を手札から墓地へ送る事で、以降のドローサーチを封じる誘発即時効果を持つ。

 大きく分けて2種類の用途があり、1つ目は相手ドローサーチに対するメタとしての用途。
 1回目のドローサーチは防げないため、ドローサーチ行為を1ターンに何度も行うデッキに対するメタとして使うことになる。
 手札誘発なので相手先攻であっても使用できる。
 ただ、該当のデッキはそう多くはなく、ドローサーチを極めて高頻度に行うデッキ環境に存在する場合に、サイドデッキからの採用を検討すべきカードである。

 同じドローサーチに対するメタとしては、《ライオウ》《灰流うらら》《手違い》《捕違い》などライバルが多いので、環境自分デッキと相談して使い分けていきたい。

 もう1つは、相手手札交換させるカードと併用することによるハンデスとしての用途。
 ドローサーチ効果処理が終わった直後に何らかのカード発動した場合でも、このカードはそれにチェーンして発動できる。
 例えば、相手《増援》等でサーチを行った場合、その処理が終わった直後にチェーン1で《攪乱作戦》《トリックスター・リンカーネイション》発動し、チェーン2でこのカード発動することができる。
 逆順処理により《ドロール&ロックバード》の効果が先に適用されるため、相手手札を全てハンデスできるのである。

 【トリックスター】ではこのコンボがあるため、メタ要素ながらメインデッキから採用しやすい。

  • 元々は、海外版Starstrike Blastで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
    • 数国の海外名を鑑みるに、カード名の「ドロール(Droll)」とは道化師や変人を指していると思われる。
      しかし、イラストからは特にそのような特徴は見られない。
      また、ドローロックと「ドロール」「ロック鳥」を掛け合わせたネーミングとも考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの第22話において、島の回想に登場した人物のテーブルの上に置かれていた。

関連カード

英語名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:スペルスピード2の誘発即時効果です。(13/05/09)

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/09/17)

Q:このカードの効果適用中、《強欲な瓶》発動することはできますか?
A:発動自体できません。(13/01/23)

Q:このカードの効果は、エンドフェイズ中に終了する効果ですか?
A:エンドフェイズの終了時まで持続する効果です。(13/01/23)

Q:このカードの効果適用したターン《魔宮の賄賂》発動できますか?
A:できません。(13/03/23)

Q:《増殖するG》適用中に《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚し、且つシンクロ召喚に成功した時の効果発動しました。
  このモンスター効果発動できますか?
A:上記の場合、《ブラック・ローズ・ドラゴン》効果チェーンする形でこのモンスター効果発動できます。(13/04/11)

Q:相手ターンエンドフェイズ相手《魔導書の神判》で3枚のカード手札加えさらに《魔導教士 システィ》特殊召喚しました。
  相手《魔導教士 システィ》効果発動するより前に自分は《ドロール&ロックバード》を発動できますか?
A:はい、自分相手《魔導教士 システィ》効果発動するより前に《ドロール&ロックバード》を発動できます。(13/04/18)


Tag: 《ドロール&ロックバード》 効果モンスター モンスター 星1 風属性 魔法使い族 攻0 守0

広告