《ナイト・ショット/Night Beam》

通常魔法
相手フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
このカードの発動に対して相手は選択されたカードを発動できない。

 GALACTIC OVERLORDで登場した通常魔法
 相手伏せカードチェーンさせずに破壊する効果を持つ。

 《サイクロン》とよく比較される、高性能な伏せ除去魔法カード
 対象チェーン発動されないため、狙ったカードチェーン発動させずに破壊でき、実質的にエンドサイクと同等の効果が期待できる。
 反面伏せカードにしか対応できず、通常魔法であるため汎用性ではこちらが劣る。
 環境にもよるがメインデッキでは、《マクロコスモス》などの影響力の強い永続魔法永続罠や、ペンデュラムゾーン上のペンデュラムモンスターにも対応しやすい《サイクロン》に軍配が挙がる。
 このカードは主にフリーチェーン対策として機能し、サイドデッキでの採用が比較的多い。

 チェーン妨害効果は、《ナイト・ショット》にチェーンして対象カード発動することができない、というだけである。
 よって、選択されていない別のカードを間に挟むことで、発動できない効果を回避できる。
 そのため、フリーチェーンカードを多く採用しているデッキに対しては制約を回避されてしまう可能性が高い。
 ただ、フリーチェーン《サンダー・ブレイク》等の発動コストを持つものが多く、無理に2枚発動すれば相手は大きくカード・アドバンテージを損なうことになる。
 加えて、フリーチェーンの長所は相手の行動をピンポイントで妨害する点なので、行動前にフリーチェーン除去の使用を2枚も強要できればそのターンはかなり動きやすくなる。
 いずれにせよ、相手の伏せたフリーチェーンカードの価値を大きく減じることが可能である。

 《サイクロン》《大嵐》チェーン可能なフリーチェーン除去カードの採用率は決して低くない。
 特に《ヒーロー・ブラスト》《デュアルスパーク》《超融合》を擁する【E・HEROビート】などには高い効力を発揮する。
 そうしたデッキが流行しているようならばこちらをメインに投入し、サイドに永続魔法等へのメタとして《サイクロン》を入れる、という使い方もある。
 無論、「とりあえず」の投入は推奨できないため、しっかりとメタ環境を読んだ上で投入する必要がある。 

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALにおける「遊馬vs秀太」戦にて秀太が使用。
    遊馬の罠カード《バイバイダメージ》を破壊した。
  • アニメ5D'sの「遊星vsアンチノミー」戦にて、アンチノミーがこのカード罠カード版と言える《マグネティック・ストーム》を使用している。
  • アニメではイラストにあるカードの裏側のデザインはアニメで変更されたものになっていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード対象に選択したカード以外のカードチェーンし、その後に選択したカードチェーンできますか?
A:はい、できます。(12/02/18)

Q:このカード対象に選択したカード効果解決時表側表示になっていた場合、破壊できますか?
A:いいえ、破壊できません。(12/02/24)

広告