《ナチュラル・ボーン・サウルス/Skelesaurus》

デュアル・効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1700/守1400
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、
通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを
通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードの種族・属性は恐竜族・地属性になる。
●このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの種族はアンデット族になる。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性アンデット族下級デュアルモンスター
 デュアルモンスター共通の効果を持ち再度召喚することで地属性恐竜族扱いになる他、戦闘破壊したモンスターアンデット族扱いとして墓地から特殊召喚する誘発効果を得る。

 《ジャッカルの霊騎士》とは攻撃力効果が同じだが、下級モンスターなので使い捨てのにもなる。
 再度召喚の手間も【デュアル】ならば《スーペルヴィス》《フォース・リリース》が使えるため問題にならない。
 レベル4なので《デュアルスパーク》に対応しており、アンデット族蘇生と組み合わせ容易にコストとなりうる。
 また、元々の種族アンデット族なので、【デュアル】でも採用されやすい《龍の鏡》から《冥界龍 ドラゴネクロ》に繋げられる。

 しかし、戦闘を前提とする効果にも関わらず、打点は準アタッカー程度と心もとない。
 上級以上のモンスターコントロールを奪うには強化カード表示形式変更カード等との併用は必須である。
 《月の書》《フォース》《月鏡の盾》の他、再度召喚後は《生存競争》を使う等で上手くフォローしたい。

 【アンデット族】では召喚権・維持分を《アンデットワールド》に回して《闇竜の黒騎士》を用いたり、《ヴァンパイア・ベビー》強化するといった選択肢もある。
 敢えて採用するのなら、《地獄の門番イル・ブラッド》《スーペルヴィス》を共有できるようにしたい。

  • 「ナチュラル・ボーン(natural‐born)」とは「生まれつきの」という意味の英語だが、「生まれつきのトカゲ」ではいまひとつ意味が通じない(アンデット族になりつつも、やっぱり生まれついての恐竜族なのだという意味にも取れなくはないが)。
    既に死んで「骨(Bone)」になっている事との掛詞だろう。
    なお、「生まれつき」からは離れるが、再度召喚により「生まれ変わる」事は可能である。
  • 創作物などでの恐竜は「ザウルス」と書かれる事も多いが、恐竜の呼称としては「サウルス」の方が一般的である。

関連カード

戦闘破壊したモンスターコントロールを得るモンスターについては、《ジャッカルの霊騎士》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:アンデット族となって特殊召喚されたモンスターは、このカードフィールドに存在しなくなった場合元々の種族に戻りますか?
A:いいえ、アンデット族のままとなります。(13/07/20)


Tag: 《ナチュラル・ボーン・サウルス》 モンスター デュアルモンスター 効果モンスター 星4 闇属性 アンデット族 攻1700 守1400

広告