《ハイ・キューピット》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 600/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数だけ上げる。
(2):フィールドのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分は1500LP回復する。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性天使族下級モンスター
 デッキから墓地へ送ったカードの枚数分自身のレベルを上げる起動効果相手破壊され墓地へ送られた場合に1500ライフ回復する誘発効果を持つ。

 (1)は自身のレベルを上げる効果
 墓地を肥やすことができると同時にレベル2〜4まで自由に選べるので、シンクロ召喚レベル調整などに役立つ。
 また、墓地へ送るのはコストなので、《ジャンク・シンクロン》蘇生させ、効果無効になっていても墓地を肥やすことができる。
 【レベル1フルモン】で使える数少ない墓地肥やし手段にもなるが、レベルが上がるためにランク1のエクシーズ素材《リンクリボー》リンク素材としては使えなくなってしまう。
 《切れぎみ隊長》蘇生させればレベル1のまま墓地肥やしができるので活用したい。

 (2)の効果回復できるライフポイントは1500と多め。
 相手依存の効果ではあるが、発動条件が緩いため発動する機会は多いだろう。

  • イラストのポーズと球状になった矢じりの位置、膝当ての形状などから、名前のモチーフは「排球(はいきゅう)(バレーボール)」とキューピットを合わせたものだと思われる。
  • キューピッド(キューピット)とは、ローマ神話の恋の神クピドの英語名である。
    ローマ神話の女神ビーナスの子で、背中に翼がある裸の幼児の姿で描かれることが多い。
    キューピッドの持つ黄金の矢で射られた者は恋にとらわれ、鉛の矢で射られた者は愛を失い憎悪すると言われている。
    ギリシャ神話に登場するエロスと同一視される。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ハイ・キューピット》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 天使族 攻600 守600

広告