《ハウンド・ドラゴン/Hunter Dragon》

通常モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1700/守 100
鋭い牙で獲物を仕留めるドラゴン。
鋭く素早い動きで攻撃を繰り出すが、守備能力は持ち合わせていない。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した闇属性ドラゴン族下級モンスター
 レベル3のドラゴン族の中では最高の攻撃力を持つが、反面守備力はほぼ持ち合わせていない。

 レベル3以下の通常モンスターでは《ジェリービーンズマン》に次ぐ攻撃力を持つモンスターの1体である。
 基本的な使い方は《音速ダック》を参照。

 同レベル・同攻撃力通常モンスターに比べると、このカード守備力で劣る。
 またドラゴン族という点も、低レベル通常モンスターを多く採用する【ローレベル】ではあまりメリットにならない。
 だが、獣族と合わせる事で《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》になれる唯一の闇属性ドラゴン族である点は評価できる。
 また闇属性である点は《A・ジェネクス・トライアーム》の対光属性効果に影響し、《御前試合》適用中でもシンクロ召喚できるという利点となっている。
 また《窮鼠の進撃》《レベル制限B地区》との併用で《A・O・J カタストル》戦闘破壊可能である。

 その他、下級サイバー・ダーク装備カードとして吸収できるレベル3以下のドラゴン族モンスターの中で最高の攻撃力を持ち、サイバー・ダーク攻撃力を2500にできる。
 ただ、同レベル・同属性《比翼レンリン》サイバー・ダーク攻撃力を2500にできる上、2回攻撃も付与できるので、こちらを使う意義は現在では薄い。
 《レスキューラビット》《苦渋の決断》といった通常モンスターサポートに対応する点で差別化できなくもない。

  • 「ハウンド(Hound)」は「猟犬」という意味だが、英語名では「ハンター(Hunter)になっている(一応Hunterにも「猟犬」の意味はある。)
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアニメの通りに吹雪が使用するほか、モクバも使用する。
    また、サイバー・ダークデッキ「フル・ダークネス・バースト」や、通常モンスターデッキ基礎の持ち味(アンチスキル・フレーバー)」にも投入されており、何かと見る機会は多い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ハウンド・ドラゴン》 通常モンスター モンスター 星3 闇属性 ドラゴン族 攻1700 守100

広告