《バーストブレス/Burst Breath》

通常罠
(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ
フィールドのモンスターを全て破壊する。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した通常罠
 ドラゴン族リリースし、ステータスを参照して全体除去する効果を持つ。

 フリーチェーンなので、相手除去に対するサクリファイス・エスケープにしたり、シンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚の素材が並んだところをまとめて処理したりできる。
 だがリリースしたモンスター攻撃力及び破壊するモンスター守備力に依存するため破壊枚数は不安定であり、自分モンスターを巻き込む恐れもある。
 また、同じフリーチェーンドラゴン族リリースする除去には《崩界の守護竜》が存在する。
 あちらは破壊枚数は2枚までだが、ステータスを問わず魔法・罠カード破壊でき、自分モンスターを巻き込むことがない。
 こちらを活用する場合、対象をとらない点や大量破壊を狙える点を活かしたい。

 大半のモンスターが低守備力で統一されているフレムベルラヴァルインヴェルズ等が相手なら低攻撃力モンスターでも除去しやすいが、基本的には攻撃力の高いモンスターと共に使いたい。
 攻撃力が重要視される環境のため、上級以上のモンスターリリースすれば全体除去となる可能性も高い。
 ただし、エクストラデッキモンスター最上級モンスターには高守備力モンスターも多く、守備力を持たないリンクモンスターには全く通用しないので素材となるモンスターが並んだところを狙いたい。
 このことは自分コントロールするモンスターにも同じことが言え、自分モンスターが巻き添えになるのを防ぐ手段にもなるので一長一短ではある。

 リリースするためのモンスターとしては、特殊召喚しやすい《青眼の白龍》《真紅眼の黒竜》ペンデュラム召喚で再利用できるオッドアイズ等が扱いやすいか。
 リリースと相性の良い《闇黒の魔王ディアボロス》攻撃力が高く扱いやすい。
 自壊の確定しているモンスターなら気兼ねなくリリースでき、裏側守備表示モンスターなら奇襲的な除去が狙える。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:裏側表示ドラゴン族リリースして発動できますか?
A:はい、可能です。(08/06/25)

Q:「リリースしたモンスター攻撃力」とは、どのタイミングの数値を参照しますか?
A:フィールド上にて適用されていた時の攻撃力の数値を参照します。(11/11/29)

Q:《バーストブレス》効果で、リリースしたモンスター攻撃力以下の守備力を持つフィールド上の「裏側表示モンスター」を破壊できますか?
  また、効果によりお互いフィールド上に存在する「裏側表示モンスター」の守備力確認することはできますか?
A:フィールド上に裏側表示で存在するモンスター攻撃力守備力の数値は確認する事ができないため、《バーストブレス》の『リリースしたモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ、フィールド上のモンスターを全て破壊する』効果適用されません。
  したがって、《バーストブレス》効果によって裏側表示で存在するモンスター破壊する事はできません。(12/01/26)


Tag: 《バーストブレス》 通常罠

広告