《バーニング・ソウル》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドにレベル8以上のSモンスターが存在する場合に発動できる。
「バーニング・ソウル」以外の自分の墓地のカード1枚を選んで手札に加え、
自分は自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手はフィールドのSモンスターを効果の対象にできない。

 PREMIUM PACK 2020で登場した速攻魔法
 同名カード以外の任意のカードサルベージし、自分フィールドモンスターを用いてシンクロ召喚を行う効果を持つ。

 サルベージ範囲は同名カード以外と非常に幅広い。
 しかし、発動条件に加えてシンクロ召喚を行える状況でなければ発動はできない。
 そのため、自分フィールドレベル8以上のシンクロモンスターと任意のモンスターを揃え、且つエクストラデッキシンクロ召喚可能なモンスターが必要となる。
 レッド・デーモン魔妖のように、シンクロモンスターからさらなるシンクロ召喚を行う戦術をとるデッキでは、無理なく条件を満たしていけるだろう。
 リンク先エクストラモンスターゾーンの空きが必要となるが、発動条件となるモンスターシンクロ素材とする必要はない。

 条件さえ満たせば、フリーチェーンかつ魔法カードの処理としてシンクロ召喚を行える。
 奇襲やサクリファイス・エスケープはもちろん、一部の特殊召喚メタもすり抜けることが可能。
 シンクロ召喚できる組み合わせを放置して相手ターンを回すことは少ないが、罠カード等でレベルシンクロモンスター除去される際等にチェーンできるため、使用機会もあるだろう。

 《アクセル・シンクロン》《源竜星−ボウテンコウ》ならレベル変更効果により発動条件を満たしやすく、シンクロチューナーなのでシンクロ召喚可能という条件を満たしやすい。
 シンクロ召喚を補佐する《水晶機巧−ハリファイバー》も良く、(2)の効果発動条件となる《ライフ・ストリーム・ドラゴン》を出せ、《幻影王 ハイド・ライド》リクルートすれば達成できる。
 発動後は対象への耐性も付与されるので相手ターンも凌ぎやすくもなるだろう。

  • 漫画での発動時には、アニメでジャックが「バーニング・ソウル」の境地に至った時と同じように、ジャックの右手が炎に包まれる描写がなされた。
  • 上述の通り、アニメでの設定を強く意識して漫画版に反映させたカードであり、同デュエルでは対戦相手の遊星も同様の速攻魔法《アクセル・シンクロ》を使用している。
  • アニメDMにおいて、城之内が《味方殺しの魔剣−バーニング・ソウル−》という装備魔法を使用しているが、効果イラスト共に特に関係はない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《バーニング・ソウル》 魔法 速攻魔法

広告