《パペット・キング/Puppet King》

効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2800/守2600
(1):相手がドロー以外の方法でデッキからモンスターを手札に加えた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがこのカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合、
次の自分ターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。

 アルティメットセブンパックで登場した地属性戦士族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する手札誘発誘発効果と、自壊する誘発効果を持つ。

 《増援》《強欲で謙虚な壺》を初めとし、サーチカードを採用するデッキは多い。
 それらを利用して召喚条件を満たす事は簡単だが、その後の自壊を考えると、何らかのサポートが必要となる。
 また、相手ターン中に特殊召喚してもそのターン中に除去される可能性は高い。
 一方で、生き残ればランク7のエクシーズ素材に使え、《No.11 ビッグ・アイ》に繋げる事ができる。
 同じ展開への対策カードには《冥府の使者ゴーズ》がおり、お互いはかみ合わないものの対策カードランク7へ繋げられるという点では同じなので、あちらも採用しておきたい。
 その場合あちらの保険という感じになるものの、《戦士の生還》で繰り返し使えるのはあちらにない利点となる。

 また《スキルドレイン》《月の書》デメリットを打ち消す事はできる。
 ただそれならば《神獣王バルバロス》の方が安定性が高いため、維持できない時に狙うといった程度に考えておきたい。

 相手デッキからモンスター手札に加えさせる《闇の指名者》を使用することで能動的に特殊召喚はできる。
 ただしそのままでは相手アドバンテージになるため、ハンデスなどで対処できるようにしておきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    遊戯王Rにおける「城之内vs北森玲子」戦にて北森玲子が使用。
    《鋼鉄の魔導騎士−ギルティギア・フリード》に攻撃するが、攻撃力上昇の魔法カード《エクストラ・ブースト》を発動され返り討ちにされる。
    直後に《命の綱》により蘇生された。
    攻撃名は「マジェスティックチェッカー」。
    「チェック」とはいわゆる「王手」のことで、自分の駒が相手のキングを取れる状態を指す。
    キングは当然相手の駒が取れる場所に自分から動かしてはならないため、キングの駒でチェックをかけることはできない。
  • 原作では《パペット・クィーン》1体を生け贄召喚できる効果であり、OCGと異なっていた。
    ちなみに、チェスではキングよりクィーンの方が強いはずなのだが、《パペット・クィーン》は攻撃力2200/守備力2500で、このカードより弱い。
    同様の事柄はかつてのチェスデーモンにも当てはまるが、重要度という意味では当然キングが上である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手《封印の黄金櫃》効果によって手札カードを加えた時、このモンスター効果発動できますか?
A:いいえ、《封印の黄金櫃》デッキからではなく除外ゾーンからカード手札に加えているので、発動できません。

Q:相手《増援》で、モンスター手札に加えました。
  この時点では、優先権相手にあります。
  ここで相手クイックエフェクト発動した場合、その効果チェーンする形で《パペット・キング》を発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/26)

Q:自分相手《冥界の使者》効果で、同時にモンスター手札に加えました。
  ここで相手《強烈なはたき落とし》発動した場合、自分はこれにチェーンして《パペット・キング》の効果発動できますか?
A:スペルスピードの関係上、できません。(10/09/12)

Q:手札にこのカードが複数枚存在する場合、それらを1度に特殊召喚できますか?
A:いいえ、1度に特殊召喚できるのは一体のみです。(13/01/11)

Q:(1)の効果特殊召喚したこのカード裏側表示になり、その後次の自分ターンエンドフェイズまでにこのカード表側表示になった場合、(2)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/01/14)


Tag: 《パペット・キング》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 戦士族 攻2800 守2600

広告