《パペット・キング/Puppet King》

効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2800/守2600
(1):相手がドロー以外の方法でデッキからモンスターを手札に加えた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがこのカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合、
次の自分ターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。

 アルティメットセブンパックで登場した地属性戦士族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する手札誘発誘発効果と、自壊する誘発効果を持つ。

 《増援》《強欲で謙虚な壺》を始めとし、サーチカードを採用するデッキは多く、特殊召喚することは容易。
 しかし、サーチ相手ターン中に行われることが多く、特殊召喚してもそのターン中に除去される可能性は高い。
 除去を回避しても次の自分ターンエンドフェイズには自壊してしまうため、アドバンテージに繋がりにくい。
 破壊されない耐性を付与する《ディメンション・ガーディアン》などを使えば相手除去自壊の両方から守れる。

 《闇の指名者》相手サーチさせれば、能動的に特殊召喚できる。
 また《スキルドレイン》《月の書》デメリットを打ち消す事ができる。
 ただ、他に効果を持たない事もあり、そうして手間をかける価値があるとは言い難い。

 特殊召喚しやすいレベル7が目的ならば《ダイナレスラー・パンクラトプス》戦士族に限っても《暗黒騎士ガイアロード》が存在する。
 展開への対策カードにも《冥府の使者ゴーズ》《カオスハンター》がおり、抑止力として物足りないこのカードを優先させるのは厳しい。

  • 原作では《パペット・クィーン》1体を生け贄召喚できる効果であり、OCGと異なっていた。
    ちなみに、チェスではキングよりクィーンの方が強いはずなのだが、《パペット・クィーン》は攻撃力2200/守備力2500で、このカードより弱い。
    同様の事柄はかつてのチェスデーモンにも当てはまるが、重要度という意味では当然キングが上である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手《封印の黄金櫃》効果によって手札カードを加えた時、このカードの(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、《封印の黄金櫃》デッキからではなく除外ゾーンからカード手札に加えているので、発動できません。

Q:相手《増援》で、モンスター手札に加えました。
  この時点では、優先権相手にあります。
  ここで相手クイックエフェクト発動した場合、その効果チェーンする形で《パペット・キング》の(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/26)

Q:自分相手《冥界の使者》効果で、同時にモンスター手札に加えました。
  ここで相手《強烈なはたき落とし》発動した場合、自分はこれにチェーンして《パペット・キング》の(1)の効果発動できますか?
A:スペルスピードの関係上、できません。(10/09/12)

Q:手札にこのカードが複数枚存在する場合、それらを1度に特殊召喚できますか?
A:いいえ、1度に特殊召喚できるのは一体のみです。(13/01/11)

Q:(1)の効果特殊召喚したこのカード裏側表示になり、その後次の自分ターンエンドフェイズまでにこのカード表側表示になった場合、(2)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/01/14)


Tag: 《パペット・キング》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 戦士族 攻2800 守2600

広告