《ヒーローバリア/Hero Barrier》

通常罠
自分フィールド上に「E・HERO」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する場合、相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にする。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した通常罠
 E・HEROの存在する場合に発動でき、そのターン中1度だけ相手モンスター攻撃無効にする。

 《攻撃の無力化》《和睦の使者》《威嚇する咆哮》では、モンスタープレイヤーを全ての攻撃から守る事ができる。
 単体を守るものに限っても、追加効果のある《魔法の筒》《ドレインシールド》、使い捨てとならない《くず鉄のかかし》と、上位互換が非常に多数存在する。
 これだけ上位互換が存在していては【E・HERO】でもまず採用されず、《撲滅の使徒》と絡める価値すら皆無である。

  • 漫画GXでも登場し、十代・紅葉が使用した。
  • OCGではフリーチェーンであるが、劇中ではすべて攻撃宣言時に発動していた。
    以上のことから、どうやらこのカードは「ピンチを演出しつつギリギリで耐える」展開を作り出すギミックなのだろう。
    このような展開を作る為に完全下位互換カードを使用する事は珍しくない。
    しかし十代の場合上位互換カードを多数持っているにもかかわらずであり、OCG化する際に別の付加価値が考慮されなかったことが非常に残念なカードである。
    • 2015年1月の遊戯王OCGイベント「歴代主人公デッキ対戦会」でも十代デッキにこのカードの姿は無かった。
      他主人公デッキでは各キャラクターが使用していた防御罠カードが採用されていたことも踏まえると、キャラクターデッキの再現性といった観点でも使われにくいという、かなり残念な結果になってしまった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手メインフェイズ《ネクロ・ガードナー》と《ヒーローバリア》を、合計2回以上発動しました。
  このターン相手バトルフェイズ相手が5体のモンスターで順に攻撃する場合、攻撃発動した回数無効にできますか?
  それとも、最初の1回の攻撃だけ無効になりますか?
A:《ネクロ・ガードナー》や《ヒーローバリア》の効果を複数枚発動した場合でも、発動後1回目の攻撃無効にします。
  発動した枚数分の攻撃無効にする事はできません。(09/08/04)

Q:このカード発動し、その後攻撃無効にする際にチェーンブロックは作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/06/23)


Tag: 《ヒーローバリア》 通常罠

広告