《ピアニッシモ/Pianissmo》

速攻魔法
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターの元々の攻撃力は100になり、
戦闘・効果では破壊されない。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した速攻魔法
 自分モンスター1体の元々の攻撃力を100にして破壊耐性を与える効果を持つ。

 《ハーフ・シャット》ステータス減少幅を増やし、破壊耐性の範囲をより広くしたような効果だが、相手モンスターに使うことはできず、自分モンスターを守る事専用になる。
 ステータスが大幅に減少するため戦闘要員での活躍は難しく、相手の行動を制限する永続効果持ちなどに使いたいところ。

 元々の攻撃力が100になるので、《機械複製術》を使うのであれば採用は検討できるか。
 《魔界の足枷》でも似たようなことはできるが、《サイクロン》等で妨害されないのが強みである。

 《アマゾネスの剣士》など戦闘ダメージを相手に与えるカードと相性が良く、1ターン限りだが安全にダメージを与えられる。
 《閃光の双剣−トライス》《立ちはだかる強敵》などとコンボすることでより大きなダメージを与えることができる。
 《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》自壊戦闘破壊も防げるため、大ダメージこそ受けるが上手くいけば二回以上効果発動できる。
 同様に生き残る事で効果を発揮するリバースモンスターの場合、ダメージステップなので妨害されにくい上にメインフェイズ2の破壊も防げるため扱いやすい。

 また、変動するのは元々の攻撃力だけのため、守備表示モンスター元々の攻撃力以外が変動しているモンスターにとってはデメリットにならない。
 フォーチュンレディ元々の攻撃力「?」が100になった上で、攻撃力は自身の永続効果適用された数値になるため、ステータスに影響なく破壊耐性だけを得られる。

 自分モンスターに使った後で、相手送りつけサンドバッグにするという手も考えられる。
 だが、それなら最初から《アルカナフォース0−THE FOOL》等を採用した方が手っ取り早いだろう。

  • 「ピアニッシモ」とは、音楽の強弱記号で「とても弱く」を表す。
    100だけ残るのは、どんなに弱くしても音が出るからだろうか。
    反対に、「とても強く」を表す記号は「フォルテシモ」である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:元々の攻撃力が100のモンスターを選択して発動できますか?
A:はい、発動でき、耐性効果適用されます。(15/04/25)


Tag: 《ピアニッシモ》 魔法 速攻魔法

広告