《ピラミッド・タートル/Pyramid Turtle》

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1200/守1400
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキから守備力2000以下のアンデット族モンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した地属性アンデット族下級モンスター
 リクルーターの一体であり、戦闘破壊された時にデッキからアンデット族特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 守備力2000以下とかなり範囲が広く、召喚制限のないアンデット族のほとんどをリクルートできる。
 自爆特攻上級モンスター特殊召喚し、そこからモンスターを展開していけば、多少のライフロスも気にならない。
 攻撃力の高い《冥帝エレボス》《邪神機−獄炎》《龍骨鬼》自己再生効果を持つ《ヴァンパイア・ロード》《カース・オブ・ヴァンパイア》も呼び出せる。
 デュエル序盤なら《茫漠の死者》攻撃力4000の状態でリクルートもできる。
 また、特殊召喚する際の表示形式を問わないので、守備表示特殊召喚してそれ以上の戦闘ダメージを回避したり、《魂を削る死霊》での戦線維持が狙える。

 しかし、環境の変化を受け、最近の【アンデット族】では《ゴブリンゾンビ》が優先されることが多くなった。
 戦闘を介さない除去が増えている点、シンクロ素材にするとディスアドバンテージになる点、手札コストの用意ができない点などで不自由するからである。
 ただし、戦闘を介さない除去自爆特攻することによって十分対応可能である。
 また、【アンデット族】において不足しがちになる通常召喚の機会を節約することができるのは非常に大きい。

関連カード

このカードで特殊召喚できない、召喚制限のないアンデット族

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ピラミッド・タートル》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 アンデット族 攻1200 守1400

広告