《ファイアウォール・ガーディアン/Firewall Guardian》

効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがサイバース族リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):自分と相手のリンクモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その攻撃を無効にし、その相手モンスターはターン終了時まで、
元々の攻撃力が0になり、自身以外のカードの効果を受けない。

 DARK NEOSTORMで登場した闇属性サイバース族下級モンスター
 サイバース族リンク素材となった場合に自己再生できる誘発効果リンクモンスター同士の戦闘の際に墓地から除外する事でその攻撃無効にし、ターン終了時までその相手モンスター弱体化耐性を付与させる誘発効果を持つ。

 (1)はサイバース族リンク素材となった場合に発動可能な自己再生効果
 サイバース族リンクモンスターの種類も豊富であり、このカード単体でも《リンク・ディサイプル》などのリンク1のリンク素材に使えるため発動は容易。
 自己再生から即座に連続リンク召喚に繋げられる他、エクシーズ素材にすれば除外も防げるので後述の(2)も狙える。

 (2)はリンクモンスター同士の戦闘の際に墓地から除外する事でその攻撃無効にする効果
 更にターン終了時までその相手モンスター攻撃力を0にした上で自身以外の効果を受けないようにさせる。
 基本的に、相手攻撃から自分リンクモンスターを守る使い方と、自分から攻撃して相手モンスター弱体化を利用する使い方とに分かれるだろう。
 前者の場合はタイミング的に弱体化は大して意味がないためオマケに近い。
 後者の場合は他に追撃可能なモンスターが必要となるが、直接攻撃に等しいダメージを与えられる。
 自身以外の効果を受けないという耐性付与に関しては、タイミングと1ターンのみという制限から然程影響はない事が多いが、一応意識はしておきたい。

 墓地蘇生可能なレベル4のサイバース族がいる場合、このカードサイバース族モンスター《サイバース・ウィッチ》リンク召喚し、(1)の自己再生効果を使えば《サイバース・ウィッチ》効果でもう1体のレベル4を蘇生できる。
 そこからエクシーズ召喚を行えば(2)の効果も利用できる。

 爆発的な攻撃力1ターンキルを狙う【希望皇ホープ】とは相性が良い。
 相手フィールドに適当なリンクモンスターがいる状態で任意のレベル4と並べれば、このカード《リンク・ディサイプル》等のリンク素材にして自己再生
 そのまま《No.39 希望皇ホープ・ダブル》エクシーズ素材にして墓地へ送り、(2)と《No.39 希望皇ホープ》《ダブル・アップ・チャンス》コンボにより10000ダメージで勝利となる。
 エクストラデッキは1枚消費するが、遭遇率の高い元々の攻撃力2000を上回るリンクモンスター相手でも一撃で勝負が決められるようになる利点がある。
 《No.39 希望皇ホープ》以外を呼ぶ場合は《ダブル・アップ・チャンス》が余るので、(2)で無効にされた自分リンクモンスターに対して使用しても良いだろう。
 《ダブル・アップ・チャンス》デッキに無くとも、とりあえず《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》を出すだけで5000ダメージは入る。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ファイアウォール・ガーディアン》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 サイバース族 攻100 守2000 ガーディアン

広告