《フィッシュボーグ−ランチャー/Fishborg Launcher》

チューナー(効果モンスター)
星1/水属性/魚族/攻 200/守 100
「フィッシュボーグ−ランチャー」以外の自分の墓地のモンスターが全て水属性の場合、
自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
水属性モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
「フィッシュボーグ−ランチャー」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

 ジャンプフェスタ2012(2日目) プロモーションカードで登場した水属性魚族下級モンスターチューナー
 特定条件下で自己再生できる起動効果水属性シンクロモンスターシンクロ素材にしか使用できない効果外テキストを持つ。

 ノーコスト自己再生できるレベルチューナーだが、様々な制約が課せられている。
 まず、墓地モンスターが全て水属性である必要があり、どのデッキにも入りやすい《増殖するG》等が気軽に併用できなくなる。
 また、【水フルモン】とは一見相性が良く見えるが、エクストラデッキ水属性で固める必要が出てくるため、考えなしの投入は難しい。

 そして自己再生後はフィールド離れる除外されてしまうため、そのままでは墓地へ送れず再利用もできない。
 エクシーズ素材に使えばこのデメリットは回避できるものの、現在ランク1に水属性は存在せず、間接的に自己再生の条件を阻害することとなる。
 また、水属性シンクロモンスターシンクロ素材にしか使えないため、チューナーにもかかわらずシンクロ召喚先の柔軟性にも乏しい。
 同じく自己再生できる魚族チューナーには《フィッシュボーグ−アーチャー》も存在し、レベルは違えどあちらの方がデメリットが緩く格段に扱いやすいのが実情である。

 強いて利点をあげるならば、シンクロ素材エクシーズ素材ではなく、使い切りのリンク素材として活用することが考えられる。
 単体でもデュエル最序盤に《リンクリボー》リンク召喚でき、即座に自己再生させることでリンク2に繋げることもできる。
 《リンクリボー》闇属性だが、2体目のこのカードコスト自己再生できるため、墓地からも離しやすい。
 とはいえ序盤を越えると様々なデメリットが響きやすく、リスクの大きい採用にはなるだろう。

関連カード

このカードでシンクロ召喚可能な水属性シンクロモンスター

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果の発動《天罰》等の効果無効になった場合、同じターンにもう一度効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/12/03)


Tag: 《フィッシュボーグ−ランチャー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 水属性 魚族 攻200 守100 フィッシュボーグ

広告