《フィッシュボーグ−ランチャー/Fishborg Launcher》

チューナー(効果モンスター)
星1/水属性/魚族/攻 200/守 100
「フィッシュボーグ−ランチャー」以外の自分の墓地のモンスターが全て水属性の場合、
自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合、
ゲームから除外される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
水属性モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
「フィッシュボーグ−ランチャー」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

 ジャンプフェスタ2012(2日目) プロモーションカードで登場した水属性魚族下級モンスターチューナー
 特定条件下で自己再生できる起動効果と、自己再生後にフィールド上から離れる時に除外される効果水属性シンクロモンスターシンクロ素材にしか使用できないルール効果を持つ。

 《フィッシュボーグ−ガンナー》と比較すると、フィールド上のモンスターに関係なくノーコスト自己再生でき、水属性以外のモンスターシンクロ素材にできる。
 しかし、それ以上に様々な重い制約が課せられてしまっている。

 まず、墓地モンスターが全て水属性の必要があること。
 メインデッキエクストラデッキ水属性以外のモンスターを入れると自己再生を阻害する可能性があり、デッキ構築やプレイングに大きく制限を受ける。
 このデメリットの存在から、《フィッシュボーグ−ガンナー》と異なり水属性以外のモンスターシンクロ素材にできるという利点もほとんど活かせない。
 次に、自己再生効果使用後にフィールド離れる除外されることと、同名カードも含めて1ターンに1度しか自己再生効果を使用できないこと。
 そのため、《異次元からの埋葬》《王宮の鉄壁》等を用いても、《フィッシュボーグ−ガンナー》のように同一ターン中に複数回自己再生することができなくなっている。
 そして、水属性シンクロモンスターシンクロ素材にしか使用できないこと。
 他のカードの効果を使用せずにシンクロ召喚できるのは、禁止カードを除けば氷結界シンクロモンスター3体のみであり、シンクロ召喚の選択肢が非常に狭まってしまっている。

 これらの点から、《フィッシュボーグ−ガンナー》程の爆発力は見込めず、単純に《フィッシュボーグ−ガンナー》の代わりとして運用するのは難しい。
 自己再生できる魚族チューナーとしても、《フィッシュボーグ−アーチャー》の方がデメリットが緩く格段に使いやすい。
 レベルが異なるため差別化自体は可能だが、やはり様々なデメリットの存在が痛くあちらより優先する意義は薄い。

関連カード

水属性シンクロモンスター

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果の発動《天罰》等の効果無効になった場合、同じターンにもう一度効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/12/03)

広告