《フォース・リリース/Unleash Your Power!》

速攻魔法
このカードの発動時に自分フィールド上に表側表示で存在する
全てのデュアルモンスターは再度召喚した状態になる。
この効果を適用したモンスターはエンドフェイズ時に裏側守備表示になる。

 PHANTOM DARKNESSで登場した速攻魔法

 単純にカードを1枚消耗して再度召喚するなら《二重召喚》を使った方がいい。
 更に、同じく再度召喚扱いにできるカード《スーペルヴィス》が存在し、あちらは墓地へ送られた時に蘇生する効果発動し、なおかつデメリットが一切存在しないと、明らかにこちらより優れている部分が多い。
 このため、こちらを優先する場合は速攻魔法である点、裏側守備表示になる効果を持っている点を活かしたい。
 また、こちらは自分フィールド上の全てのデュアルモンスター適用されるため、一気に攻め込む場合や、複数体特殊召喚した場合には有用となる。

 《完全燃焼》《トライワイトゾーン》下級化合獣を複数体展開し、効果アドバンテージを確保した後にエクシーズ召喚に繋げばデメリットもない。

 速攻魔法である点を活かし相手攻撃宣言時に発動し、攻撃力守備力が変動する《巨人ゴーグル》《サンライズ・ガードナー》コンバットトリックを狙える。
 また、攻撃力守備力こそ変わらないが《幸運の笛吹き》《水面のアレサ》《マジック・スライム》等に使用して相手の意表をついたり、《二重の落とし穴》発動条件を満たす事もできる。
 なお、これらの使用方法は《スペシャル・デュアル・サモン》でも可能。

 相手ターン裏側守備表示になってしまうデメリットを持つが、以下のようなカード無効化したり、メリットに変える事ができる。

  1. 《聖なる輝き》表側表示にし続け、再度召喚された状態を維持し続ける。
    更に《最終突撃命令》を併用すれば守備表示になるデメリットまで解消できる。
  2. 《つり天井》表側表示モンスターのみ破壊する。
  3. 《サンライズ・ガードナー》《デュアル・ソルジャー》といったモンスターの低攻撃力を相手ターンに晒さずに済む。
  4. 《魔族召喚師》効果特殊召喚したモンスター破壊されなくなる。
  5. 《リミッター解除》を使用したターン《古代の機械騎士》フィールドに残せる。
  6. カウンターを消費した後の《ダーク・ヴァルキリア》効果が再度使用可能になる。
  7. 《黙する死者》《思い出のブランコ》蘇生したデュアルモンスター完全蘇生することもできる。
  8. 《E・HERO アナザー・ネオス》再度召喚し、コンタクト融合に繋げる。
  9. シンクロ素材エクシーズ素材等に使用する。

 ただし、これらの殆どは《スーペルヴィス》でも同じ事が言える為、やはり自分フィールド上の全てのデュアルモンスター再度召喚扱いに出来る点を活かしたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《聖なる輝き》《ダーク・シムルグ》フィールド上に存在している場合このカード発動できますか?また、発動できる場合、後半の「裏側守備表示になる」効果の処理はどうなりますか?
A:その場合でも発動する事ができ、裏側守備表示にする処理は行わず、次のターン以降も再度召喚した状態のままで、再びエンドフェイズ裏側守備表示する処理を行なう事はありません。(14/12/04)

Q:このカードチェーンした《リビングデッドの呼び声》などで特殊召喚されたデュアルモンスター再度召喚状態になりますか?
A:このカード発動した時点でフィールド上に存在するモンスターにのみ効果適用されます。
  したがって、チェーンした《リビングデッドの呼び声》等で特殊召喚されたモンスターには適用されません。(14/02/13)

Q:このカード発動する前に効果モンスターとなっているデュアルや、《スーペルヴィス》を装備していたデュアル裏側守備表示にならずに済みますか?
A:はい、裏側守備表示になりません。(10/07/05)


Tag: 《フォース・リリース》 魔法 速攻魔法

広告