《フレムベル・デスガンナー/Flamvell Commando》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2200/守 200
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールド上に存在する「フレムベル」と名のついたモンスター1体を
リリースした場合のみ召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
守備力200のモンスター1体をゲームから除外する事で、
除外したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 EXTRA PACK Volume 3で登場した炎属性炎族上級モンスター
 特殊召喚できず、アドバンス召喚のためのリリースに関する召喚制限墓地モンスター除外して相手ダメージを与える起動効果を持つ。

 上級モンスターだが特殊召喚できず、リリースフレムベルに制限されているため、フィールドに出すのが難しい。
 一応《フレムベル・パウン》からのサーチが可能な他、リリース要員も《真炎の爆発》で確保はできる。
 他にも《炎王の急襲》から《フレムベル・ヘルドッグ》《予想GUY》から《ガード・オブ・フレムベル》リクルートすればリリースは用意できる。

 バーン効果攻撃ができなくなる等のデメリットがなく、ダメージも最大で2800になる。
 フレムベルには守備力200のモンスターも多く、リリースしたフレムベル除外してダメージを与えることもできる。
 ただ【フレムベル】としては《真炎の爆発》による蘇生からの展開をメインとしたいため、対象モンスター除外してしまうのは避けたいところ。
 幸い除外コスト守備力200であれば炎属性でなくても良く、《ライトロード・マジシャン ライラ》等も選択できる。

 しかし肝心の《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》のいずれにも対応せず、【フレムベル】でも考え無しの採用は躊躇われる。
 このカードの真価は高攻撃力守備力200のモンスターを素早く墓地に置ける構築にした専用デッキで活かせると言える。
 《コアラッコアラ》などのエクストラデッキカードなら《ゲール・ドグラ》等で複数枚墓地に置くのは容易であり、ダメージ数値は大きいため狙ってみる価値はある。

  • 英語名の「Commando(コマンドー)」とは、突撃作戦用に編成され、他にも奇襲・後方撹乱・偵察等を行う特殊部隊、及びその隊員を指す軍事用語。
    ちなみに、命令を意味する「Command(コマンド)」、司令官を意味する「Commander(コマンダー)」とは、語源から異なる別の単語である。
    また、和訳の際になぜか「デス」が付いたカードは多いが、その先駆けとなったカードである。

関連カード

除外できる守備力200のモンスター

メインデッキモンスター《フレムベル・パウン》を参照。

エクストラデッキモンスター

収録パック等

FAQ

Q:セットされたフレムベルリリースできますか?
A:はい、できます。(10/09/18)

Q:このカード《死皇帝の陵墓》の効果でリリースなしで召喚できますか?
A:いいえ、テキストに記されている以外の方法でこのカード召喚することはできません。(10/09/18)

Q:このカードアドバンス召喚する際にフレムベル以外のモンスターリリースしてセットしたり、通常召喚する際に《死皇帝の陵墓》リリースなしでセットすることは可能ですか?
A:はい、セットする際の条件はありませんので可能です。(10/09/18)


Tag: 《フレムベル・デスガンナー》 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 炎族 攻2200 守200 フレムベル 特殊召喚不可

広告