《ブンボーグ・ベース/Deskbot Base》

フィールド魔法
(1):フィールドの「ブンボーグ」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札の「ブンボーグ」カードを任意の数だけ相手に見せ、
デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。
(3):「ブンボーグ・ベース」以外の自分のフィールド・墓地の
「ブンボーグ」カード9種類を1枚ずつ除外して発動できる。
相手の手札・フィールド・墓地のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

 シャイニング・ビクトリーズで登場したフィールド魔法
 ブンボーグ全体強化する効果手札ブンボーグデッキに戻してドローする効果手札フィールド墓地相手カードデッキに戻す効果を持つ。

 (1)の効果ブンボーグ全体強化
 戦闘補助となるが、代わりに《機械複製術》に対応しづらくなり、《奈落の落とし穴》などにも引っかかりやすくなるので一長一短と言える。

 (2)の効果手札交換
 毎ターン使い減りしない手札交換として使用できるため、上級ブンボーグを多く採用した場合に手札事故の発生を軽減できる。
 ただし、【ブンボーグ】ペンデュラム召喚も可能なので手札ブンボーグが溜まること自体は一概に悪いとは言えない。
 同名カードも戻せるので、手札で被ってしまうことを気にする必要が無いことも利点。

 (3)の効果全体除去効果
 相手手札フィールド墓地カード全てをデッキに戻し、相手リソースを壊滅状態に陥れられる。
 しかし、その分発動条件が厳しく、ブンボーグのほぼ全種類をデッキに入れ、それらをフィールド墓地に揃える必要がある。
 加えて自分墓地フィールドブンボーグの大半を除外することになるため、この効果チェーンされてこのカード自体を除去、あるいは効果無効にされれば、戦線の立て直しが難しくなる。
 また、発動に成功しても、エクストラデッキにいったペンデュラムモンスター除外されたカードには影響を与えないので、相手デッキや引いてきた1枚次第では切り返されることもあるので油断は禁物。

 《魔導雑貨商人》なら《ブンボーグ001》《ブンボーグ009》までの9種類を墓地に置きつつこのカードサーチできる可能性はある。
 発動からタイムラグがあるが、《未来融合−フューチャー・フュージョン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を指定してまとめて墓地へ送るという方法もある。
 こちらは《魔導雑貨商人》に比べて除去されやすい問題もあるが、9種類を確実に落とすことができる。

 《テラ・フォーミング》の他、《ブンボーグ002》サーチに対応するため手札に加えやすい。
 また、《ブンボーグ003》強化効果の枚数にカウントされるため、《ブンボーグ003》と合わせることで大幅な強化も可能。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ブンボーグ・ベース》 魔法 フィールド魔法 ブンボーグ

広告