《プチモス/Petit Moth》

通常モンスター
星1/地属性/昆虫族/攻 300/守 200
成長したらどんなムシになるか分からない、小さな幼虫。

 Vol.4で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 《進化の繭》により《ラーバモス》《グレート・モス》《究極完全態・グレート・モス》へと進化する。

 ステータス《ワイト》並に低い通常モンスターで、このカードだけでは特にめぼしい意味はない。
 このカードの本来の力を発揮するには、専用のカード《進化の繭》とそれに該当する特殊召喚モンスターの合計3枚が無ければならない。
 しかし、守備力が2000まで上昇するとはいえ、モンスター装備カードを何ターンも守り抜くのは、除去カードが豊富なこのゲームでは非常に難しい。
 また、除去カードを使われなくとも一般的な上級モンスターには簡単に戦闘破壊されてしまうので、相手攻撃を遮断するカードも必要となるだろう。

 運用方法や有効なサポートカードについては、《進化の繭》の項を参照。

 むしろ、上位の「モス」への進化ギミックを使用しない方が有用なカード
 昆虫族下級通常モンスターであり、《G・ボールパーク》で3体特殊召喚する事ができる。
 また昆虫族通常モンスターの中でもトップクラスに攻撃力が低いため、《G・ボールパーク》で3体特殊召喚《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》という流れを行った際、《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》除去効果の範囲を広く設定できる。
 これについては同様の動きが可能な《青虫》を参照。
 両者は攻守の値が逆だが、運用上はほぼ誤差の範囲である。

  • 蝶や蛾の幼虫には目玉のような模様を持つものが多く見られる。
    現実に存在するアゲハチョウ科の終齢幼虫の特徴であれば、このカードの青い目のように見えるのはただの模様で、口先にある黒い部分が頭である可能性がある。

関連カード

色違いモンスター

―《プチモス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《プチモス》 通常モンスター モンスター 星1 地属性 昆虫族 攻300 守200

広告