《プレゼントカード/Present Card》

通常罠
「プレゼントカード」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手は手札を全て捨てる。
その後、相手はデッキから5枚ドローする。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した通常罠
 相手手札を全て捨てさせた後に5枚ドローさせる効果を持つ。

 相手にのみ影響する《メタモルポット》とも言える効果を持っている。
 相手手札が0枚なら発動できず、4枚以下なら相手手札を増やすことになり、6枚でようやく1:1交換となる。
 相手手札キーカードが揃った時に発動すれば、相手の戦術を崩すことができる。
 ただし、捨てさせたカード墓地アドバンテージとなり、相手に再利用される可能性がある点には注意が必要である。

 《メタモルポット》と同様に相手デッキを5枚削ることができるので、デッキ破壊の手段としても使用できる。
 5枚ドローさせた後に《手札抹殺》を発動すれば、さらに5枚デッキを削ることができる。
 デッキの枚数を大きく削る《強欲で貪欲な壺》を採用する相手にする場合は、デッキ破壊も現実味を帯びるようになる。
 【グリードバーン】では2500のバーンが見込め、その後に《手札抹殺》《攪乱作戦》で同等のダメージを叩き出す事ができるため、コンボの起点にはなる。
 《M・HERO ダーク・ロウ》との相性は良く、(1)の効果手札から捨てるカードは全て除外され、(2)の効果ドローしたカードも1枚除外できる。

 一応、【シンクロ召喚】系列のような1ターンの間に特殊召喚を何度も繰り返すデッキなら、《増殖するG》で増えた相手手札を大きく削る事はできる。
 だが、それのみが目的であれば、多少発動条件が厳しいものの《大暴落》の方が影響力は大きく、展開を躊躇しなければ《大暴落》発動条件も満たせるだろう。
 《便乗》《神殿を守る者》とのコンボを狙うにしても、相手に与えるカードの枚数が少ない《攪乱作戦》《手札断殺》の方が適任である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《プレゼントカード》 通常罠

広告