《ヘッド・ジャッジング》

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
発動したそのプレイヤーはコイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、このカードは墓地へ送られる。
ハズレの場合、その発動を無効にし、
そのモンスターのコントロールをそのプレイヤーから見て相手に移す。

 IGNITION ASSAULTで登場した永続罠
 コイントスを当てることで自身を墓地へ送るモンスター効果の発動無効にし、そのモンスターコントロールを移す効果を持つ。

 モンスター効果の発動時にコイントスを行い、ハズレた場合には効果無効にしたうえでそのモンスターコントロール奪取まで行える。
 相手が当てた場合このカードを失うことになるが、相手モンスター効果の発動の抑止させることにつながる。
 コストを必要とするモンスターならアドバンテージの差で優位に立つことができる。
 なお相手モンスター対象発動した場合、コイントスを行うのは相手であり、《セカンド・チャンス》適用することはできない。

 しかし、フィールド外の効果無効にできず、効果処理時フィールドに存在しない場合は無効にできてもコントロール転移適用されない。
 効果を止める目的で採用するにしても不安定である。
 【ギャンブル】では貴重なモンスター効果を止める手段となるので採用に値できる。

 自分モンスター効果に対しても発動できるので、《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》バーン無効にしつつ送りつけるという事も可能。
 もっとも、送りつけるなら確実な手段となる《強制転移》などを使う方がいい。

  • 「ヘッド・ジャッジ」とは、大会においてジャッジを統括する最高責任者の事を言う。
    元は「マジック・ザ・ギャザリング」の用語だが、海外の遊戯王TCGの大会でも使われる。
  • イラストでは、《Ms.JUDGE》が判決の正否を決めかねている様子が描かれている。
    前述の「ヘッド」は「トップ」という意味だが、ここに「頭(の中)」を掛けている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ヘッド・ジャッジング》 永続罠

広告