《ヘル・ブラスト/Chthonian Blast》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが破壊され
墓地へ送られた時に発動する事ができる。
フィールド上の攻撃力が一番低い表側表示モンスター1体を破壊し、
お互いにその攻撃力の半分のダメージを受ける。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した通常罠

 制約が付き威力も弱まっているが、エラッタ前の《破壊輪》と類似したカードである。
 相手の大型モンスターによる戦闘破壊除去トリガーとして発動、そのモンスター破壊するのが理想的な使い方と言える。

 しかし、発動条件の関係で優勢の時に発動しづらい点は、相手ライフを追い込んだ際のダメ押しとして扱うことを困難にしている。
 自分ダメージを受けてしまうため劣勢の際にもやはり発動が難しく、発動したい状況と発動できる状況がミスマッチになりがちである。
 自爆特攻や自主的な効果破壊からでも発動できるので能動的に動くことも可能ではあるが、相手フィールドに強力なモンスターがいる状態でそのようなことをするのはリスクが高い。
 効果適用時にモンスター破壊する為、他のカードチェーン発動されモンスターが消失したり、新たな低攻撃力モンスター特殊召喚されたりした場合、効力が弱まってしまう。
 採用率の高い《激流葬》などの全体除去コンボできないのも、評価を下げる点である。

 一方で対象を選択不可能である点は、「対象を取らない除去」でありサクリファイス・エスケープを防ぎやすいため、なかなか強力である。
 モンスター戦闘によって破壊され墓地へ送られた時ならダメージステップ中でも発動でき、その場合はカウンター罠ダメージステップという条件により《スターダスト・ドラゴン》のようなモンスター相手であっても、阻害される事は殆どない。
 だが、発動条件モンスター破壊され墓地に送られる必要がある為、トークンの場合発動不可と、単体除去として活用するにはなかなか難しいカードである。
 リクルーター等のようなモンスターを採用するデッキに隠し味として投入するくらいがちょうどいいか。

  • アニメでは通常魔法であり、以下の効果だった。
    また、イラストは全体的な図は同じだが、細かい点が異なっている。
    自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが
    破壊され墓地へ送られたターンに発動する事ができる。
    フィールド上の表側表示モンスター1体を破壊し、
    破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:表側表示モンスター戦闘で破壊されたときにこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/09/24)

Q:裏側守備表示モンスター戦闘で破壊されたときにこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/01/15)

Q:表側表示モンスターダメージステップ中に、カード効果破壊された場合にこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/01/15)

Q:破壊する処理とダメージを与える処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(12/12/16)

Q:ダメージフィールドでの数値を参照しますか?あるいは墓地での数値ですか?
A:フィールドでの数値を参照します。(14/05/12)

広告