《ボルト・ペンギン/Bolt Penguin》

通常モンスター
星3/水属性/雷族/攻1100/守 800
両腕の電撃ムチで相手をマヒさせ、首を絞めて攻撃する。

 BOOSTER2で登場した水属性雷族下級モンスター
 レベル3・雷族通常モンスターの中では最も攻撃力が高い。

 《サルベージ》《バッテリーリサイクル》《闇の量産工場》サルベージ手段が豊富であり、《レスキューラビット》を経由すればまとめて墓地へ送る事も可能。
 とはいえ同じ目的で用いるならば、《デブリ・ドラゴン》に対応する《雷ウナギ》のほうが使いやすい。

 【ペンギン】では《トビペンギン》同様《レスキューラビット》でも展開できるため、二種目のペンギン通常モンスターとして採用の余地がある。
 あちらと違いレベル3であり《バハムート・シャーク》等には繋げないため、直接ランク3に繋げる等で独自の動きを模索したい。
 例として《彼岸の黒天使 ケルビーニ》リンク素材とし、リンク先を確保しつつつ、効果《否定ペンギン》等をデッキから墓地へ送ることができる。

 大半のペンギンモンスターとは違い水族ではないため、《浮上》《一族の結束》等は使えない。
 もっとも【ペンギン】において種族サポートを共有するメリットはあまりないため、気にしなくて良いだろう。

  • モデルは「フンボルトペンギン」に、電圧の単位「ボルト」を掛けているものと思われる。
    フンボルトペンギンは実在するペンギンの一種で、南米に生息するため暑さにそこそこ耐性がある。
    絶滅危惧種に指定されているが、気候や来日の早さから日本の動物園では最も数が多く、日本国内での飼育数が全世界の生息数の1割を占めている状態であり、寧ろ「増え過ぎて飼育が大変」という問題も発生してしまっている。
    また、イラストとは違い胸部から腹部にかけて黒の斑点模様を持つ。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」における「杏子vsビッグ2(大瀧)」戦において大瀧が使用。
    として召喚され、《マハー・ヴァイロ》戦闘破壊されるも速攻魔法《リベンジ・サクリファイス》のトリガーとなった。
    ペンギンが大好きな彼に相応しいカードチョイスであるが、このデュエルは一面氷山の極寒のフィールドが演出されており、上記の元ネタのフンボルトペンギンの生息地とは合っていない。
  • アニメGXでは、第34話にこのカードの精霊が一瞬だけ登場している。
  • アニメ5D'sの「クロウvs太郎」戦において太郎が使用した魔法カードSp(スピードスペル)−起爆化》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ボルト・ペンギン》 モンスター 通常モンスター 星3 水属性 雷族 攻1100 守800 ペンギン

広告