《マイクロ・コーダー》

効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

 ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−で登場した闇属性サイバース族下級モンスター
 特定条件下で手札の自身をコード・トーカーリンク素材にできるルール効果コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合にサイバネットまたはレベル4のサイバース族1体をサーチできる誘発効果を持つ。

 (1)は、特定条件下で手札の自身をリンク素材にできる効果
 コード・トーカー限定で、自分フィールドサイバース族を含むという条件付きだが、【サイバース族】ならば容易。
 特に《レディ・デバッガー》《ROMクラウディア》などの、フィールドに残りつつこのカード手札に加えられるサイバース族とは相性が良い。
 これらのサイバース族フィールドに出し、その効果でこのカード手札に加えれば、フィールドサイバース族手札のこのカード《コード・トーカー》リンク召喚できる。
 また、《コード・トーカー》リンク召喚時に《サイバネット・コーデック》サーチできるため、そこからすぐにリンク3のコード・トーカーにつなげることもできる。

 (2)は、コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合に発動可能なサーチ効果
 (1)の効果から繋げた場合はサイバネットのみだが、選択肢は豊富であり、次に備えたカードサーチ可能。
 《サイバネット・オプティマイズ》ならリンク召喚したコード・トーカーをサポートしつつさらに展開を狙える。
 《サイバネット・コンフリクト》なら相手の動きをけん制することが可能となる。

 フィールドからリンク素材とした場合、レベル4のサイバース族1体をサーチできる。
 レベルが低い事から《サイバース・ガジェット》などで容易に蘇生できるため、発動機会は多い。

  • 名前の由来は「マイクロコード」か。
    コンピュータのプロセッサを実装する際の方式の一つ、あるいはその法式に則って作られたプログラムを意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《マイクロ・コーダー》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 サイバース族 攻300 守0

広告