《マインド・オン・エア/Mind on Air》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は手札を公開し続けなければならない。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 相手手札公開させる永続効果を持つ。

 上級モンスターとしてはステータスが貧弱極まりなく、戦力としては期待できない。
 魔法使い族であり《マジシャンズ・ヴァルキリア》で守って維持する等の工夫が必要となる。
 《キラー・トマト》《ダーク・ホライズン》から特殊召喚し、情報アドバンテージを得ることが効果的な使用方法となるだろう。
 また、レベル6の魔法使い族であるため、《風紀宮司ノリト》《マジマジ☆マジシャンギャル》エクシーズ召喚に繋ぐことができる。

 自分手札から特定のカード公開してモンスターを維持する【コアキメイル】メタになる。
 これは、既に「公開状態」になっているものを新たに「公開」することはできないため、《コアキメイルの鋼核》以外での維持ができなくなるからである。
 しかしコアキメイル下級モンスター攻撃力が高く、簡単に戦闘破壊されるためメタとしては期待できない。
 相手メインフェイズ2に蘇生させるなど、攻撃されないタイミングで出すようにしたい。

 また同様に、公開により《闇霊術−「欲」》等の無効不可を狙える。
 ただし、永続効果のためこのカード自身を《闇霊術−「欲」》に使っても魔法カードがあれば無効にされてしまう。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作「学園編」において、闇遊戯がTV局のクイズ番組のプロデューサーに対して同名の罰ゲームを執行している。
    心の中に隠された本性が露わになるというもので、これによりプロデューサーの欲望にまみれた本性がTVカメラを通して文字通り「オン・エア」された。
    このモンスターのポーズは闇遊戯が罰ゲームを執行する時のポーズと似ており、同パック《グリード》などもカード化されていることを考えると、おそらくこのエピソードがモデルになっていると思われる。
  • アニメGXの「十代vs明日香」(1戦目)において明日香の手札にあるのが確認できる。
    また、第4話でクロノスが買い占めたカードの中にも確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手《サイクロン》チェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、このモンスター特殊召喚しました。
  《リビングデッドの呼び声》効果適用から、《サイクロン》効果適用の間に相手手札確認することはできますか?
A:はい、できます。(12/08/18)


Tag: 《マインド・オン・エア》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻1000 守1600

広告