《マシンナーズ・フォース/Machina Force》

効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻4600/守4100
このカードは通常召喚できない。
「督戦官コヴィントン」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードは、1000ライフポイント払わなければ攻撃宣言をする事ができない。
フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送る事で、
自分の墓地から「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」
「マシンナーズ・ディフェンダー」をそれぞれ1体ずつ選択して特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 9で登場した地属性機械族特殊召喚モンスター
 《督戦官コヴィントン》効果でのみ特殊召喚できる召喚条件ライフコストを払わなければ攻撃できない永続効果、自身をリリースしてソルジャースナイパーディフェンダー蘇生する起動効果を持つ。

 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》によく似た性質を持つが、召喚条件はこちらの方が厳しく、「合体→分離→蘇生」の一斉攻撃をする事ができない。

 《リミッター解除》攻撃力を9200まで上げ、攻撃後に分離すれば自壊デメリット効果を逃れられる。
 逆に《リミッター解除》を使用したパーツモンスターで総攻撃をした後で合体して自壊を回避することも可能。

 フィールドに決められたモンスターを4体も揃える必要があり、このカードを正規特殊召喚するのは非常に難しい。
 苦労して特殊召喚しても一切耐性がない上、合計攻撃力は変わらず、攻撃するのにライフコストを要求するデメリットアタッカーである。
 一応、《愚鈍の斧》等でデメリットを消す事ができるため、それらとは相性が良い。

 しかし、指定のマシンナーズ《督戦官コヴィントン》は全てレベル4であり、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などの、このカード攻撃力を上回る布陣をエクシーズ召喚で整えられる。
 他にも、3体素材のエクシーズ召喚も狙えるため、単に打点しかないこのカードを出す意義は薄い。
 正規で出すよりは、このカードを含めたマシンナーズを手早く墓地へ送り《ファントム・オブ・カオス》効果でこのカードをコピーし、マシンナーズを大量展開した方が良い。

 《青天の霹靂》特殊召喚できるモンスターの中では攻撃力が2番目に高く、1番目と比べてデメリットは軽い。
 相手ターン《おジャマトリオ》《バトルマニア》発動し、攻撃を強要する事で1ターンキルが狙える。
 一応、他の同じようなモンスターに比べ《成金ゴブリン》等を使用しても圏内に持ち込める点では勝る。
 また、守備力は1番高いので守備表示特殊召喚しても大ダメージを狙える。

関連カード

攻撃宣言のために手順・条件を必要とするモンスターについては《ダーク・エルフ》を参照。

収録パック等


Tag: 《マシンナーズ・フォース》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 地属性 機械族 攻4600 守4100 マシンナーズ 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告