《マジシャン・オブ・カオス/Magician of Chaos》

儀式・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
「カオス・フォーム」により降臨。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):儀式召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「マジシャン・オブ・カオス」以外の「カオス」儀式モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場した闇属性魔法使い族儀式モンスター
 カード名《ブラック・マジシャン》として扱うルール効果魔法・罠カード発動時に除去を行う誘発即時効果破壊された場合にカオス儀式モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 《カオス・フォーム》に対応する儀式モンスターでは初のレベル7のモンスター
 そのため、墓地《ブラック・マジシャン》1体を除外するだけで儀式召喚可能となる。

 (1)は《竜騎士ブラック・マジシャン》と同じ、フィールド墓地《ブラック・マジシャン》として扱う効果
 この効果の利点についてはあちらを参照。
 このモンスター《ブラック・マジシャン》と同じ魔法使い族なので、共有できるサポート《竜騎士ブラック・マジシャン》よりも多い。

 (2)は魔法・罠カード効果の発動トリガーとする破壊効果
 自分魔法・罠カードに追加で破壊効果を使え、相手魔法・罠カードへの牽制としても機能する。
 特に、相手永続魔法フィールド魔法永続罠等は、発動チェーン破壊してしまえば効果も打ち消せる。
 一方で、破壊が発生するのみでトリガーとした効果無効にはしないため、通常魔法等に対してはきちんと対策を考えておきたい。
 フリーチェーンでトリガーを作れる自分永続罠との相性は抜群によく、《永遠の魂》を併用すれば大きなアドバンテージとなる。

 (3)は手札カオス儀式モンスター特殊召喚する効果
 狙いどころは種族属性のサポートを共有でき、単体性能は高いがレベルの関係から【ブラック・マジシャン】での儀式召喚に手間がかかる《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》であろう。
 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》も単体の性能は高く、《竜騎士ブラック・マジシャン》等の融合素材も兼ねられるので検討できなくもない。
 ただ、【ブラック・マジシャン】は元々上級最上級モンスターの割合が多く、他の儀式モンスターまで採用すると手札事故の危険性が増すので、無理に狙わないのも賢明な判断。

 逆に、【カオス・ソルジャー】等では、暗黒騎士ガイア型であれば(3)の効果のみを目当てに採用する手も考えられる。
 暗黒騎士ガイア1体のリリースでよく、儀式魔人等とのレベル調整の幅も広がり、破壊された場合は本命のレベルカオスが呼び出せる。
 (1)が墓地でも適用できるため、《カオス・フォーム》リリース軽減にも使用でき、序盤の選択肢としては期待でき、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を併用するなら選択肢にはなるだろう。
 なお、レベル7のため、《開闢の騎士》を中心としたレベル4型とは相性が悪い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《マジシャン・オブ・カオス》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2500 守2100 カオス

広告