《マジック・ジャマー/Magic Jammer》

カウンター罠
(1):魔法カードが発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 Vol.6で登場したカウンター罠
 手札コストを払い魔法カード発動無効にする効果を持つ。
 《魔宮の賄賂》《八式対魔法多重結界》《封魔の呪印》等の相互互換カードが多数存在する。

 魔法カードは大抵のデッキに投入される事が多いので腐る事は少なく、また相手ターン発動される事が多いので相手の妨害を行える。
 ペンデュラムゾーンへの発動も妨害でき、ペンデュラム召喚の妨害も行える。

 しかし、普通に使っては2:1交換となり1枚のディスアドバンテージとなるため、手札コストをどう工面するかが重要となる。
 相互互換《マジック・ドレイン》《魔宮の賄賂》と比べると、手札0枚の時は発動自体ができないのが難点。
 《解放のアリアドネ》コストを無くすこともできるが、その場合《封魔の呪印》等もノーコストで扱える。
 このカードはそれらに比べて安定してはいるのだが、その面で尖った点がなく、どのような環境でも優先的に採用できるわけではない。
 手札コストを活用する事もできるが、《サンダー・ブレイク》等に比べるといつでも捨てる事ができないので、相手依存となってしまうという面もある。

 《おジャマジック》《サンダー・ドラゴン》等で手札コストを調達したり、捨てることで発動する魔轟神などと組み合わせるデッキには、上記のカードより投入しやすいのは確かである。
 こちらを使うならばそれらを積極的に狙っていきたい。

  • 「ジャマー(Jammer)」とは「妨害装置」という意味。
  • 海外版のアニメイラストは三角を継ぎ足した様な魔法陣になっていた。
    それでも駄目だったのか、TCG化の際にはOCGとかなり異なった模様となっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:既に表側表示となっている《波動キャノン》墓地へ送るタイミングで、《波動キャノン》効果に対しこのカードを使えますか?
A:すでに発動されフィールド上に表側表示で存在している状態の永続魔法効果発動(効果の発動)に対し《マジック・ジャマー》を発動する事はできません。
  これらを潰すには、《ホルスの黒炎竜 LV8》同様「手札から発動された時点」または「セットから表側表示となった時点」でカウンターする必要があります。


Tag: 《マジック・ジャマー》 カウンター罠

広告