《マジドッグ/Magidog》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1700/守1000
このカードが魔法使い族モンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、
自分の墓地に存在するフィールド魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる。

 THE SHINING DARKNESSで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 魔法使い族シンクロモンスターシンクロ素材となった時、フィールド魔法サルベージできる誘発効果を持つ。

 フィールド魔法《テラ・フォーミング》の存在からサーチが容易である。
 サルベージは該当カード墓地に落ちている必要があるのに対し、サーチは初手でも行え腐りにくいため、一般的に同じ結果が得られるならばサルベージよりサーチが優先される。
 加えてこのカードは「魔法使い族シンクロモンスターシンクロ素材になる」という厄介な発動条件があるため、このカードを入れるくらいなら《テラ・フォーミング》の枚数を増やしたほうが良い。

 一般的な【魔法使い族】ではまず採用されないカードだが、《ヴァイロン・キューブ》《ブラック・ガーデン》を用いた【黒庭キューブ】と呼ばれるデッキでは大活躍が見込める。
 以下の流れで大きなアドバンテージが得られる。

  1. 《ブラック・ガーデン》発動
  2. このカード召喚《ブラック・ガーデン》効果ローズ・トークン1体が生成される。
  3. 《ブラック・ガーデン》効果で自身とローズ・トークン破壊《ヴァイロン・キューブ》蘇生する。
  4. このカード《ヴァイロン・キューブ》《アーカナイト・マジシャン》シンクロ召喚、このカード《ブラック・ガーデン》《ヴァイロン・キューブ》《ワンダー・ワンド》手札に加える。
  5. 《アーカナイト・マジシャン》除去効果発動カード2枚を破壊する。
  6. 《アーカナイト・マジシャン》《ワンダー・ワンド》を装備、《アーカナイト・マジシャン》リリースして2枚ドロー

 コンボ終了後に《ブラック・ガーデン》手札に残るため、ドロー蘇生カードで2枚目のこのカードを用意すれば同じコンボを再度行える。
 また、《アーカナイト・マジシャン》墓地に落ちる点を活かして《ミラクルシンクロフュージョン》による《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》融合召喚につなげても良いだろう。

関連カード

―犬のモンスター

―《マジドッグ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《マジドッグ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1700 守1000

広告