《ミスティック・ソードマン LV(レベル)2/Mystic Swordsman LV2》

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 900/守   0
裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、
ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する。
このカードがモンスターを戦闘によって破壊したターンのエンドフェイズ時、
このカードを墓地に送る事で「ミスティック・ソードマン LV4」1体を
手札またはデッキから特殊召喚する。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した地属性戦士族下級モンスター
 攻撃対象裏側守備表示モンスター破壊する誘発効果《ミスティック・ソードマン LV4》特殊召喚する誘発効果を持つ。

 裏側守備表示モンスターダメージ計算を行わずに破壊し、リバースした時の効果発動させない。
 しかし、高速化した環境では裏側守備表示モンスターが出てくる機会は減っており、効果発動する機会は相対的に減っている。
 また攻撃を介するため、効果を使うと低攻撃力のこのカードが残ってしまう。

 このカードを使うのであれば、相手モンスター裏側守備表示にする《闇の護封剣》《月の書》を使いたい。
 《月の書》ならこのカード攻撃してきたモンスター裏側守備表示にして守ることも可能。

 レベル2の戦士族なので《トゥルース・リインフォース》リクルートでき、必要な状況で呼びやすい。
 《ジャンク・シンクロン》蘇生対象にもなり、戦士族サポートを共有できる。

 レベルアップの条件は「モンスター戦闘破壊」する事であり、誘発効果によって破壊しても条件は満たされない
 そのため正規の方法でのレベルアップを狙うなら、戦闘補助の《月鏡の盾》などを採用する必要がある。
 《一族の結束》強化すれば攻撃力1700になるため、併用する【不死武士】ならば隙を見てレベルアップを狙えないこともない。
 とは言え、強化しても前半の効果には貢献せず、正規の方法に拘らずに《レベルアップ!》を使うのが無難。
 《召喚僧サモンプリースト》《ミスティック・ソードマン LV4》特殊召喚するためのコストにもなる。

 更に身も蓋もなくなるが、そもそもLV2→LV4下級間のレベルアップ自体が相当微妙な所。
 カード消費を重ね、エンドフェイズを跨ぐほどの価値は見出し難い。
 カテゴリ外のサポートカードにも恵まれたこのカードのみを採用するか、ステータスモンスター効果に優れた上位種を主力採用するか、ほぼ切り離した運用が一般的だろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGX第4話でクロノスが買い占めたカードの内の1枚。
  • アニメARC-Vの「ランサーズvs捕縛隊員3人」戦で黒咲が使用した通常魔法《レスキュー・エクシーズ》のイラストに描かれている。

関連カード

攻撃時にダメージ計算を行わず裏側守備表示のままモンスター破壊する効果《一刀両断侍》参照

収録パック等

FAQ

Q:《ミスティック・ソードマン LV4》特殊召喚する効果の種別は何になりますか?
A:エンドフェイズ時に発動できる誘発効果になります。(14/04/05)

Q:裏側守備表示モンスター攻撃した時に《アストラルバリア》効果発動された場合、誘発効果発動しますか?
A:発動しません。

Q:《ミスティック・ソードマン LV2》の誘発効果発動《天罰》チェーンして発動する事はできますか?
A:発動できます。

Q:《ミスティック・ソードマン LV2》の効果裏側守備表示ペンデュラムモンスター破壊した場合、破壊したカードエクストラデッキへ送られますか。
A:はい。エクストラデッキへ送られます。(14/12/11)


Tag: 《ミスティック・ソードマン LV2》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 戦士族 攻900 守0 LV

広告