《ミセス・レディエント》

リンク・効果モンスター
地属性/獣族/攻1400
【LINK−2:左下/右下】
地属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 CODE OF THE DUELISTで登場する地属性獣族リンクモンスター
 地属性モンスター全体強化して風属性モンスター全体弱体化する効果破壊された場合に地属性モンスターサルベージできる効果を持つ。

 リンク素材地属性指定がなされているが、地属性は種類も豊富なのでリンク召喚は比較的容易である。
 後述の効果も含め【地属性】全体で採用でき得る性能を備えているが、特に地属性の多い【獣族】では種族サポートも共用できる。
 特に《魔獣の懐柔》発動ターンでもリンク召喚が可能である点は展開する際に大きなメリットとなる。
 《No.64 古狸三太夫》とも相性がよく、攻撃力をコピーしたトークン強化できる。
 リンクマーカーは両斜め下に向いているため、エクストラモンスターゾーンに出しておけばエクストラデッキからモンスターを出すスペースをモンスター消費2体で効率的に確保できる。
 《ブリリアント・フュージョン》《リバイバルゴーレム》《岩石の番兵》ジェムナイト融合素材《ジェムナイト・ジルコニア》融合召喚し、《リバイバルゴーレム》などの自己再生効果を使えば手札1枚で召喚権を使わずにリンク先2箇所の確保が可能。
 トークンを使うのも手で、《クラスター・ペンデュラム》なら相手モンスターが1体以上いればよい。
 相手ターン《スケープ・ゴート》発動しておくのも良いだろう。

 (1)の効果は自身にも適用されるので、基本的な攻撃力は1900となる。
 地属性は数も多いので自分の他のモンスターにも適用させやすいが、同時に相手に利用される機会も高まる。
 弱体化風属性に作用するが、風属性の採用率は闇属性地属性ほど高くないのでオマケに近い。

 (2)のサルベージ発動条件も緩く、サルベージ範囲も地属性と広い。
 中でも《レスキューキャット》《スクラップ・キマイラ》地属性モンスターを展開してこのカードリンク召喚をサポートでき、いずれもその後は墓地へ行くためサルベージ対象として相性が良い。
 既にこのカードエクストラモンスターゾーンに存在する場合にはリンク先《幻影騎士団ブレイクソード》《スクラップ・ドラゴン》等を特殊召喚し、このカードを自発的に破壊する事も考えられる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ミセス・レディエント》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター LINK2 地属性 獣族 攻1400

広告